• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 国立国会図書館について > 国際協力活動 > 国際協力関係ニュース

国際協力関係ニュース

国立国会図書館職員が参加する国際会議や当館が行う国際交流に関するニュースを掲載します。

※2014年以前は、以下のインターネット資料収集保存事業(WARP)をご覧ください。

国際協力関係ニュース 2017年

2017年6月13日

中国国家図書館副館長魏大威氏一行6名が当館を訪問しました。

2017年5月16日~19日

北京(中国)において、第25回アジア・オセアニア地域国立図書館長会議(CDNLAO)が開催され、20か国から33名の代表が出席しました。当館からは片山信子関西館長及び木下雅弘同館電子図書館課員が参加しました。(CDNLAOについては国際的図書館団体等のリンク集のページをご参照ください。)

2017年5月8日~13日

バンコク(タイ)において第3回国際児童図書評議会世界大会(IBBY)アジア・オセアニア地域大会が開催され、当館からは髙野哲国際子ども図書館資料情報課情報サービス係長が参加し、「International Library of Children's Literature Initiatives in the Digital Age」(プレゼンテーション資料(英語):[PDF 826KB])と題する報告を行いました。

2017年4月27日

駐日ラトビア共和国大使館のノルマンス・ペンケ特命全権大使が当館を訪問し、ラトビアに関する図書を寄贈しました。

2017年4月25日~28日

ソウル(韓国)において、アジア太平洋議会図書館長協会(APLAP)会議が開催されました。当館からは、山田敏之調査及び立法考査局専門調査員と清水直樹同局国土交通課員が出席しました。山田専門調査員は「"Brains of the Legislature" Legislative Research Services at the National Diet Library, Japan」(プレゼンテーション資料(英語):[PDF: 507 KB])と題する報告を行いました。 APLAPの詳細については国際的図書館団体等のリンク集のページをご参照ください。

2017年4月6日

ロシア連邦院予算・金融市場委員会委員長のリャブーヒン・セルゲイ氏一行6名が当館を訪問しました。

2017年4月3日~9日

バルセロナ(スペイン)において、国際データフォーラム及び研究データ同盟(RDA)第9回総会が開催され、当館からは島﨑憲明利用者サービス部科学技術・経済課員が参加しました。

2017年3月12日~21日

トロント(カナダ)において、アジア学会(AAS)・東亜図書館協会(CEAL)2017年年次総会及び2017年北米日本研究資料調整協議会(NCC)会議が開催されました。当館からは中沢綾総務部支部図書館・協力課課長補佐及び小林廉直関西館図書館協力課課長補佐が出席しました。NCCでは小林課長補佐が 「NDL Search-future development-」(プレゼンテーション資料(英語): [PDF 723KB])と題する報告を行いました。AASではブース出展を行い、当館が提供する電子情報サービス及び日本研究支援等の取組の紹介とニーズ調査を行いました。ブース出展の概要及び報告はNDL Newsletter No.211(英文) 及びNo.212(英文) に掲載されています。 CEAL、NCCの詳細については国際的図書館団体等のリンク集のページをご参照ください。

2017年3月12日~17日

ロンドン(英国)において、ロンドン・ブックフェアが開催されました。当館からは、清水茉有子国際子ども図書館資料情報課員が参加しました。

2017年1月10日

北米日本研究資料協議会(NCC)議長でありプリンストン大学東アジア図書館日本研究司書である野口契子氏と、NCCジャパンリエゾンであり東北学院大学文学部教授である佐藤義則氏が当館を訪問しました。(NCCについてはリンク集をご参照ください。)

2017年1月10日~13日

第7回韓国国会図書館及び韓国国会立法調査処との業務交流が開催されました。韓国国会図書館からはイ・ウンスク議会情報室外国資料課課長補佐、韓国国会立法調査処からはペ・ジェヒョン政治行政調査室安全行政チーム立法調査官が来日し、「国会発生情報への国民のアクセスの整備」及び「自然災害への対策」をテーマとした報告と質疑応答が行われました。(業務交流については各国図書館との交流をご覧ください。)

このページの先頭へ