ホーム > 資料の収集

資料の収集

国立国会図書館は、国立図書館として、納本制度による国内の出版物の網羅的収集に努めるとともに、出版物に加え、電子的に流通する情報など、様々な資料・情報を収集しています。

蔵書構築

資料の収集は、資料収集の方針に基づき、納本制度による納入、購入、国際交換、寄贈等の方法により行っています。

納本制度

国立国会図書館法(昭和23年法律第5号)により、国内で発行されたすべての出版物を、国立国会図書館に納入することを義務付ける制度です。

インターネット資料の収集

国内のウェブサイトを定期的に収集しています。公的機関のサイトは国立国会図書館法に基づいて網羅的に、民間のサイトは発信者の許諾を得て選択的に、収集しています。

オンライン資料収集制度(eデポ)

民間で出版されたオンライン資料(電子書籍・電子雑誌等)を収集しています。当面、無償かつDRM(技術的制限手段)のないものが対象です。

国内博士論文の収集

学位授与大学等からの送付により、博士論文を収集しています。

科学技術情報整備

国立国会図書館は、内外の科学技術関係の資料や電子情報の収集と整備に努めてきました。当館はこれらの収集資料や電子情報を広く利用に供しています。

このページの先頭へ