• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

連載「世界のRDAの取組みのいま」が始まります

NDL書誌情報ニュースレター

NDL書誌情報ニュースレター2015年3号(通号34号)

2013年3月から、米国、英国、カナダ、オーストラリアの各国立図書館等が、“Anglo-American Cataloging Rules, second edition”(AACR2)の後継として、書誌データを作成するための新しい基準“Resource Description and Access”(RDA)の適用を開始しました。これを皮切りに、世界各国で、RDAを適用する図書館が増えています。まだ検討段階にある国も含めると、RDAの適用に向けた動きは着実に広がっています。

国立国会図書館も、2013年4月から、外国刊行の洋図書等の目録規則として、RDAを使用しています[1]。また、RDAの日本語訳や、日本図書館協会と連携して、RDAに対応した新しい『日本目録規則』の策定作業を進めています[2]

「RDAを適用します」と一口に言っても、各図書館等で適用するまでには、さまざまな検討や準備が必要です。たとえば、RDAに則って作成したデータと、その図書館がこれまでに従ってきたルールで作成されたデータとの違いを洗い出し、従来のデータとの継続性を考慮する必要があります。いずれのルールに則って作成されたデータでも、利用者がその違いを意識することなく利用でき、目的の資料や情報にアクセスできることが重要だからです。英語圏以外の場合、RDAを自国の言語へ翻訳する作業も必要です。また、言語独自の事情(日本語であれば、読みの扱い等)への配慮も必要です。目録作業の担当者に新たなルールを習得してもらうための広報や研修も大切です。その国全体の目録作成の基準を維持する立場であれば、国内の各図書館に広く普及させる役割も担っています。

2014年、ニューヨークのHaworth Press社が発行する“Cataloging & Classification Quarterly”の52巻6-7号では、「世界のRDA」(RDA Around the World)として特集が組まれました[3]。この特集では、各国または各言語圏で実施されている、または実施されたRDAの適用に向けた取組み等が紹介されています。そこで、本誌では、この中からピックアップした記事を基に、各国のRDAの適用に関する取組み状況についてご紹介します。

本誌通号34号(今号)から何回かにわたり、記事を数本ずつとりあげる予定です。世界でどのようにRDAの適用に向けた取組みが行われてきたのか、そして、どのような苦労や課題があるのかを知ることで、RDAに限らず、何か新しいルールを適用する際に必要なことや留意すること等、参考になるかもしれません。

本号では、以下の2か国の取組みをご紹介しています。

今後もどうぞお楽しみに。

(NDL書誌情報ニュースレター編集委員会)

[1]清水悦子. RDAがやってきた: 国立国会図書館における目録規則の動き. 大学の図書館. 2015, 34(5), p. 66-69.
本誌2013年1号(通号24号)および同3号(通号26号)でも、「2013年4月から洋図書等にRDAを適用します」を掲載しています。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2013_1/article_03.html, (参照 2015-07-22).
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2013_3/article_01.html, (参照 2015-07-22).

[2]これらの取組みは、「国立国会図書館の書誌データ作成・提供の新展開(2013)」の中で掲げた「RDAに対応した書誌データの作成基準」の策定に向けた検討の一環として進めています。
・ “Resource Description and Access”(RDA)の日本語訳について
本誌2014年3号(通号30号),
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2014_3/article_06.html, (参照 2015-07-22).
・おしらせ:日本図書館協会目録委員会と連携し、新しい『日本目録規則』を策定します.
本誌. 2013年4号(通号27号),
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2013_4/article_07.html, (参照 2015-07-22).

[3] Cataloging & Classification Quarterly(Volume 52, Issue 6-7, 2014),
http://www.catalogingandclassificationquarterly.com/ccq52nr6-7.html, (参照 2015-07-22).


このページの先頭へ

NDL書誌情報ニュースレター(年4回刊)

ISSN 1882-0468/ISSN-L 1882-0468
2015年3号(通号34号) 2015年9月25日発行

編集・発行 国立国会図書館収集書誌部

〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1

メールアドレス:bib-newsアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー(ニュースレター編集担当)