• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

おしらせ:遠隔研修の新規公開講座として「全国書誌データの利活用」の提供を開始しました

NDL書誌情報ニュースレター

NDL書誌情報ニュースレター2015年4号(通号35号)

国立国会図書館では、図書館の職員などを対象に、インターネットを通じて受講できる講座(遠隔研修)を提供しています。インターネットを利用できる環境があれば、図書館および図書館情報学に関する研修を、好きな場所で好きな時間に受講できます。申込みをしなくても受講できる公開講座の一つとして、2015年10月30日から、「全国書誌データの利活用」の提供を開始しました。

この講座は、2015年7月24日に関西館で開催した「全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会」における国立国会図書館職員による講義を元に作成したものです。研修会にご参加いただけなかった方も、国立国会図書館が提供している全国書誌データの概要とリスト作成などの具体的な利活用方法を学ぶことができますので、ぜひご受講ください。

全国書誌データの利活用については、今回の遠隔研修の提供開始により、国立国会図書館の施設内で行う集合研修、国立国会図書館職員が他機関の主催する研修で講師を務める講師派遣型研修と合わせて、研修の「三本の矢」が揃ったことになります。ご要望に即した研修をお選びいただき、全国書誌データの利活用につなげていただければと思います。

(収集・書誌調整課)


このページの先頭へ

NDL書誌情報ニュースレター(年4回刊)

ISSN 1882-0468/ISSN-L 1882-0468
2015年4号(通号35号) 2015年12月24日発行

編集・発行 国立国会図書館収集書誌部

〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1

メールアドレス:bib-newsアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー(ニュースレター編集担当)