ホーム > 書誌データの作成および提供 > NDL書誌情報ニュースレター > 2017年4号(通号43号)

おしらせ:全国図書館大会と図書館総合展で、全国書誌データを紹介しました

NDL書誌情報ニュースレター

NDL書誌情報ニュースレター2017年4号(通号43号)

【第103回全国図書館大会 2017年10月12日(木)~13日(金) 国立オリンピック記念青少年総合センター】

 国立国会図書館は、第103回全国図書館大会の二日目に、「学びの場でも使える国立国会図書館のサービス」というテーマで出展しました。展示会では、全国書誌データについてのパネルの展示、パンフレット類の配布に加えて、「全国書誌データの特長と文献リストの作り方」と題して、ミニプレゼンテーションも行いました[1]。全国書誌データの概要のほか、調べ学習などに活用していただけるような、全国書誌データを利用した文献リストの作り方を、スライドショーや動画で紹介しました。

展示会場でのミニプレゼンテーションの様子

 分科会の間の昼休みにもかかわらず、小さな展示会場には20名を超える方が集まってくださり、「このような利用法があるとは知らなかった」、「便利そう」などの感想をいただきました。

【第19回図書館総合展 2017年11月7日(火)~9日(木) パシフィコ横浜】

 第19回図書館総合展の当館の展示ブースにて、全国書誌データと典拠データについて、パネルの展示やパンフレットの配布、ミニプレゼンテーションを行いました[2]

 11月7日(火)のミニプレゼンテーション「全国書誌データの利活用―NDL-Bibのご紹介―」では、「国立国会図書館書誌提供サービス(略称:NDL-Bib)」の基本的な機能や便利な使い方について、簡単にご紹介しました。NDL-Bibは、2018年1月から開始される、書誌データのダウンロード機能に特化したサービスです。

 8日(水)は、典拠データについて、「ご存知ですか?Web NDL Authorities」と題したミニプレゼンテーションを行いました。当館が作成した典拠データを検索・利用できる「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)」についてご紹介しました。

Web NDL Authoritiesについてのミニプレゼンテーションの様子(8日)

 いずれも10分程度の短いプレゼンテーションでしたが、30名から40名もの方が集まり、熱心に耳を傾けてくださいました。

 ブースには、多くの方々が訪れ、当館のサービスを紹介した各種パネルをご覧になったり、設置されたパソコンで実際にサービスを使ってみたりしていました。また、NDL-Bibの詳細な検索方法や、全国書誌データの具体的な活用方法についてなど、さまざまな質問が寄せられました。

 今後も、このような広報活動を通じ、全国書誌データやWeb NDL Authoritiesをより一層使っていただけるようにしていきたいと考えています。

(収集・書誌調整課)

[1] 当日の発表資料は、以下をご覧ください。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/jla-conf2017.pdf, (参照 2017-11-16).

[2] 当日の発表資料は、以下に掲載しています。
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/lff2017.html, (参照 2017-11-30).


このページの先頭へ

NDL書誌情報ニュースレター(年4回刊)

ISSN 1882-0468/ISSN-L 1882-0468
2017年4号(通号43号) 2017年12月26日発行

編集 国立国会図書館収集書誌部
発行 国立国会図書館

〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1

メールアドレス:bib-newsアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー(ニュースレター編集担当)