ホーム > 書誌データの作成および提供 > NDL書誌情報ニュースレター > 2018年3号(通号46号)

コラム:書誌データ利活用(14)―国立国会図書館オンラインの書誌データ検索・活用法

NDL書誌情報ニュースレター

NDL書誌情報ニュースレター2018年3号(通号46号)

【はじめに】

2018年1月から、国立国会図書館検索・申込オンラインサービス(国立国会図書館オンライン)の提供が始まりました[1]

今回のコラムでは、1. 国立国会図書館オンラインに収録されている情報の概要、2. 国立国会図書館オンラインにおける資料の検索方法、3. 国立国会図書館オンラインからダウンロードできる書誌情報について紹介します。

1. 収録されている情報の概要

国立国会図書館オンラインでは、国立国会図書館(NDL)の所蔵資料(書誌データ数は約1,215万件。2018年6月現在。以下同じ)に加えて、国立国会図書館デジタルコレクション(書誌データ数は約382.3万件)や電子ジャーナルおよび電子ブック(書誌データ数は約27.5万件)など、NDLで利用可能なデジタルコンテンツも併せて検索することができます。

また、以下の情報も収録しており、これらを統合的に検索することができます。

  • 雑誌記事索引(採録誌総数は約2.4万誌。記事単位で約1,289万件)
  • デジタル化した資料の目次データ(目次データのある資料の書誌データ数は約217.3万件)
  • 国立国会図書館デジタルコレクションに収録されている電子書籍・電子雑誌の記事(記事単位で約77.6万件)
  • リサーチ・ナビの目次データベースに収録された目次データ(目次データがあるタイトルまたは巻号の件数は約9.6万件)

2. 資料の検索方法

図1は国立国会図書館オンラインの検索画面(トップ画面)です。キーワードの欄に検索語を入れて書誌データを検索できます。複数の検索語をスペース区切りで入力して検索するとAND検索となります。詳細検索のボタンをクリックすると、タイトル、著者・編者、出版年などを指定して検索することができます。


図1 検索画面(トップ画面)

図2は検索結果一覧画面です。左側のファセットナビゲーション(絞込み機能)を利用してオンライン閲覧(端末の画面上での閲覧)の可否、資料種別、出版年(期間指定も可)などで検索結果を絞り込むと、目的の資料にたどり着きやすくなります。

国立国会図書館オンラインの検索結果一覧画面です。検索結果の一覧から、ダウンロードしたい資料をチェックボックスで選択した上で、画面上部にあるプルダウンメニューから「書誌情報のダウンロード(tsv形式)」または「書誌情報のダウンロード(BibTex形式)」を選択すると、書誌情報のダウンロードが可能です。
図2 検索結果一覧画面

図3は書誌詳細画面です。タイトル、シリーズ、巻号、著者、出版者などの書誌情報が表示されます。どの巻号をどこに所蔵しているかといった、資料の所蔵情報も表示されます。目次データがある場合、目次の情報も表示されます。

国立国会図書館オンラインの書誌詳細画面です。画面右上にある「書誌情報のダウンロード」機能を表すアイコンから、書誌情報のダウンロードが可能です。「詳細な書誌情報を表示」の文字列をクリックすると詳しい書誌情報が表示されます。
図3 書誌詳細画面

3. ダウンロードできる書誌情報

国立国会図書館オンラインでは、検索結果一覧画面(図2参照)と書誌詳細画面(図3参照)において、tsv形式とBibTex形式の2種類の形式で書誌情報をダウンロードすることができます。検索結果一覧画面では一度に最大100件までの書誌情報をダウンロードすることができます。

tsv形式とはデータをタブで区切った形式であり、Excelなどの表計算ソフトに簡単にインポートして編集することができます(図4参照)。国立国会図書館オンラインにおける書誌詳細画面のURL、タイトル、著者、出版者、出版年月日、掲載誌情報(雑誌記事の掲載誌名、巻号年月日、掲載ページなど)、分類(国立国会図書館分類表(NDLC)、日本十進分類法(NDC)など)、国際標準図書番号(ISBN)、国際標準逐次刊行物番号(ISSN)などが出力されます。

 国立国会図書館オンラインからtsv形式でダウンロードした書誌情報のファイルをテキストエディタで開いた状態とExcelにインポートした状態を表示しています。
図4 ダウンロードしたファイル(tsv形式)

BibTex形式とはLaTex(学術論文の執筆などに広く用いられている文書処理システム)を使って作成する文書において、参考文献などの書誌情報を掲載する際に有用な形式です(図5参照)。Mendeleyなど、多くの文献管理ツールで、ダウンロードした書誌情報をインポートして利用できます。国立国会図書館オンラインで書誌データを一意に特定することができるコード[2]、タイトル、著者、国立国会図書館オンラインにおける書誌詳細画面のURLなどが共通で出力されるとともに、図書や雑誌の場合は出版者や出版年、雑誌記事の場合は掲載誌名、巻号およびページ数、博士論文の場合は博士号の授与大学名および授与年など、資料の種類に応じた情報が出力されます。

国立国会図書館オンラインからBibTex形式でダウンロードした書誌情報のファイルをテキストエディタで開いた状態です。
図5 ダウンロードしたファイル(BibTex形式)

【おわりに】

国立国会図書館オンラインは、NDLで利用可能な資料を幅広く検索できるようにするとともに、これらの資料の利用申込みをワンストップで実現することを目指したサービスです。国立国会図書館オンラインを通じて、NDLの資料がより多くの方にとって身近なものとなることを目指して参ります。

池田 大希
(いけだ ひろき 利用者サービス部 サービス企画課)

[1] 国立国会図書館オンラインについては、以下の記事もご参照ください。
小林芳幸. 新たな利用の窓口―国立国会図書館オンライン. 参考書誌研究. 2018, 79, p.3-14,
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11064400_po_79-4%20online1k.pdf?contentNo=1&alternativeNo=, (参照2018-08-08).
阿部幸江. 国立国会図書館オンラインの目次データを使用した資料の検索方法. 参考書誌研究. 2018, 79, p.15-59,
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11064401_po_79-5%20online2a.pdf?contentNo=1&alternativeNo=, (参照2018-08-08).

[2] 国立国会図書館オンラインでは、各書誌データを一意に特定することができる識別コードを生成しています。この識別コードは「リポジトリID」、「アイテム番号」および「00」をハイフンで連結した値となっています。「リポジトリID」には、R300000001(国立国会図書館蔵書)、R300000002(NDL雑誌記事索引)、R300000003(NDLデジタルコレクション)、R300000004(NDLデジタルコレクション(電子書籍・電子雑誌))およびR300000005(電子ブック・電子ジャーナル)の5つのIDがあり、NDLオンラインがどこから書誌データを取得してきたのかを表しています。「アイテム番号」は先頭文字を「I」として、各リポジトリにおいて書誌データを一意に特定することができる識別コードを連結したものです。例えば、国立国会図書館蔵書の場合は、国立国会図書館書誌IDが連結されています。


このページの先頭へ

NDL書誌情報ニュースレター(年4回刊)

ISSN 1882-0468/ISSN-L 1882-0468
2018年3号(通号46号) 2018年9月26日発行

編集 国立国会図書館収集書誌部
発行 国立国会図書館

〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1

メールアドレス:bib-newsアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー(ニュースレター編集担当)