• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2016年度のイベント > 報告会「研究データ共有によるイノベーションの創出 ~第8回RDA総会等の国際議論を踏まえて~」

報告会「研究データ共有によるイノベーションの創出 ~第8回RDA総会等の国際議論を踏まえて~」
(終了しました)

研究データ同盟(Research Data Alliance: RDA)第8回総会は、本年9月15日から17日にかけて米国デンバーで開催されます。日本でも研究データに関する動きが加速するなか、会議参加者の発表を中心に、研究データを取り巻く国際情勢にスポットをあて、最新動向の共有を図ります。ディスカッションでは、研究者、図書館員をはじめとする様々な人々が、研究データの共有がもたらすイノベーションの創出について共に考える場にしたいと考えています。

なお、この報告会は、ジャパンリンクセンター(JaLC)(外部サイトへリンク)「研究データ利活用協議会」の第1回研究会として開催します。研究データ利活用協議会は、本年6月、国立国会図書館を含む4つの国内学術機関が共同運営するJaLCに設置され、研究データの共有・利活用に向けた取り組みを推進しています。

プログラム

  • 講演
    • 「RDAの概要とJaLC研究データ利活用協議会について」
      • 武田 英明(国立情報学研究所教授、協議会会長) 資料 (RDAウェブサイトへリンク)
    • 「オープンサイエンスを巡る世界の最新動向」
      • 村山 泰啓(情報通信研究機構統合ビッグデータ研究センター研究統括、協議会副会長) 資料(PDF: 2.06MB)
  • 第8回RDA総会参加報告
  • Digital Infrastructures for Research 2016参加報告
    • 報告者
      • 山地 一禎(国立情報学研究所准教授)、船守 美穂(国立情報学研究所准教授) 資料(PDF: 1.09MB)

(休憩)

  • 講演
    • 「RDA総会他から見える研究データ共有の現状と国の科学技術・学術政策への示唆」 資料(PDF: 954KB)
      • 林 和弘(文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター上席研究官)
  • フロアも交えたディスカッション
    • 司会
      • 林 和弘(文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター上席研究官)
日時 2016年 10月3日(月) 14時00分~17時30分 (13時30分開場)
会場 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
募集人数 200名(先着順。定員に達し次第、募集は終了いたします。)
参加費 無料
申込方法 終了しました
申込み締切 2016年10月2日(日)
お問い合わせ先 国立国会図書館電子情報部 電子情報企画課 連携協力係
電話: 03-3506-5239(直通)
メールアドレス: jalcアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー