• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2013年度のイベント > 震災アーカイブに関する研究会-NZカンタベリー地震と東日本大震災の経験から-

震災アーカイブに関する研究会-NZカンタベリー地震と東日本大震災の経験から-
(終了しました)


案内ちらし(PDF file: 8.40MB)

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ」を公開する国立国会図書館と「みちのく震録伝」に取組む東北大学災害科学国際研究所は、平成26年1月に、東日本大震災に関する記録・教訓を復興事業にどのように活用するのかについて、「東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム」を開催します。
そのプレイベントとして、ポール・ミラー氏(カンタベリー大学人文科学創造芸術学科長/CEISMICカンタベリー地震デジタルアーカイブ事務局長)が、2010年と2011年にニュージーランドで発生した地震に関する記録を収集する「カンタベリー地震デジタルアーカイブ」(CEISMIC Canterbury Earthquake Digital Archive) について講演する、研究会を開催します。震災アーカイブの運営に関する課題の共有やその解決について、意見交換も予定しています。震災に関するアーカイブを運営する関係機関の方々等、多くの方のご参加をお待ちしています。
※研究会の資料の一部は後日、国立国会図書館東日本大震災アーカイブで公開予定です。

プログラム

  • なぜ大災害をアーカイブするのか?自然災害に関するデジタル記録の保存および無料公開の重要性について
    ポール・ミラー氏(カンタベリー大学人文科学創造芸術学科長/CEISMICカンタベリー地震デジタルアーカイブ事務局長)
    ※逐次通訳付(英⇔日)
  • 国立国会図書館東日本大震災記録保存事業について
    松本保(国立国会図書館電子情報部主任司書)
  • 意見交換

東京本館での開催

日時 2014年 1月9日(木) 14時00分~16時00分 (13:30開場)
会場 国立国会図書館 東京本館 新館3階 大会議室
募集人数 80名(先着順)
参加費 無料
申込方法 終了しました
申込み締切 2014年1月5日(日)(先着順で定員となり次第、受付を終了します。) ※締切を延長しました
お問い合わせ先 国立国会図書館 電子情報部 電子情報流通課 東日本大震災アーカイブ担当
メールアドレスhinagikuアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー
FAX番号03-3581-0768
電話03-3581-2331(代表)

関西館での開催(テレビ中継)

日時 2014年 1月9日(木) 14時00分~16時00分 (13:30開場)
会場 国立国会図書館 関西館 1階 第一研修室
※東京本館のシンポジウムの様子を関西館にテレビ中継
募集人数 60名(先着順)
参加費 無料
申込方法 終了しました
申込み締切 2014年1月5日(日)(先着順で定員となり次第、受付を終了します。) ※締切を延長しました
お問い合わせ先 国立国会図書館 電子情報部 電子情報流通課 東日本大震災アーカイブ担当
メールアドレスhinagikuアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー
FAX番号03-3581-0768
電話03-3581-2331(代表)