• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2016年度のイベント > 講演会 「ヒューマンロボットインタラクション~人々とコミュニケーションできるロボットの実現を目指して~」

講演会 「ヒューマンロボットインタラクション~人々とコミュニケーションできるロボットの実現を目指して~」
(終了しました)

第20回の関西館小展示は「ロボット進化中!-神話・からくり人形から最新ロボットまで-」と題し、人型ロボットや人工知能を中心に、ロボットに関連する資料を展示します。この関連イベントとして、神田 崇行氏(株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 知能ロボティクス研究所 ヒューマンロボットインタラクション研究室 室長)をお招きし、講演会「ヒューマンロボットインタラクション~人々とコミュニケーションできるロボットの実現を目指して~」を関西文化学術研究都市7大学連携「市民公開講座2016」の1講座として開催します。

神田崇行氏の顔写真

人々とコミュニケーションすることでサービスを提供する「人らしいロボット」の研究が進んでいます。将来的に、道案内のような実空間の情報を、親しみやすく分かりやすく提供する、といった役割が期待されています。このようなロボットが人らしく振る舞い、人々と調和して活動するための基礎技術として、ATRで行っているヒューマンロボットインタラクション(HRI)に関する最先端の研究を紹介します。

※講演終了後、職員による小展示の説明と見学会を行います。(事前申込制、先着60名。申込方法は、講演会と同じ。)

講師の紹介
神田崇行氏
平成15年、京都大学博士課程修了(博士(情報学))。現在、株式会社国際電気通信基礎技術研究所 知能ロボティクス研究所 ヒューマンロボットインタラクション研究室室長、大阪大学大学院基礎工学研究科招へい教授(兼務)。
主要研究課題はヒューマンロボットインタラクション、特に、ロボットの自律対話機構や社会的能力、人間型ロボットの身体を利用した対話。
主な著書に『コミュニケーションロボット』(2005, オーム社)など。

日時・場所・申込方法

日時 2016年 8月26日(金) 14時25分~15時35分
会場 国立国会図書館 関西館 地下1階 大会議室
募集人数 200名(先着順)
参加費 無料
申込方法 終了しました
お問い合わせ先 (公財)関西文化学術研究都市推進機構 事業推進部
電話 0774-95-5105
FAX 0774-95-5104