• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2017年度のイベント > 講演会 「ヒューマンセントリックな「あかり」~LEDでかわる未来~」

講演会 「ヒューマンセントリックな「あかり」~LEDでかわる未来~」
(終了しました)

第22回の関西館小展示は「明かりをつくる、光をいかす ―照明から建築・アートまで―」と題し、照明の歴史を中心に、光と生活・文化に関する約100点の本や雑誌をご紹介します。この関連イベントとして、明石行生氏(福井大学 学術研究院工学系部門 建築建設工学分野教授)をお招きし、講演会「ヒューマンセントリックな「あかり」~LEDでかわる未来~」をけいはんな学研都市7大学連携「市民公開講座2017」の1講座として開催します。※定員に達しましたので、申込み受付を終了しました。

明石行生氏の写真

ヒューマンセントリックな「あかり」とは、人間を中心として創られる照明のことです。LEDは、将来の照明を大きく変える可能性を秘めており、生活の利便性と快適性の向上や健康増進にも貢献すると期待できます。

本講演ではLEDを選ぶ上で重要な特徴と人間に及ぼす影響についての最新の研究成果を分かりやすくご紹介します。日頃LEDに関して抱いている疑問を解消していただき、LEDで変わる未来に希望を持っていただけるような内容となっています。

※講演終了後、職員による小展示の説明と見学会を行います。(事前申込制、先着60名。申込方法は、講演会と同じ。)

講師の紹介
福井大学 学術研究院工学系部門 建築建設工学分野教授 明石行生氏
1985年、東京工業大学総合理工学研究科社会開発工学専攻修士課程修了(工学修士)
1997年、武蔵工業大学 博士(工学)
松下電器産業株式会社主任研究員、Lighting Research Center, Rensselaer Polytechnic Institute, Senior Research Scientist、福井大学大学院工学研究科建築建設工学専攻准教授を経て現職
研究分野は、建築環境工学、建築設備、光環境、照明
日時 2017年 9月15日(金) 14時25分~15時35分
会場 国立国会図書館 関西館 地下1階 大会議室
募集人数 200名(先着順)
参加費 無料
申込方法 終了しました
お問い合わせ先 (公財)関西文化学術研究都市推進機構 事業推進部
電話 0774-95-5105
FAX 0774-95-5104