• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 2016年度のイベント > 柿渋・カキタンニン研究会市民講演会「柿渋ニューワールドへの扉を開く!!~その魅力と課題、そしてエコ社会の再生へ~」

柿渋・カキタンニン研究会市民講演会「柿渋ニューワールドへの扉を開く!!~その魅力と課題、そしてエコ社会の再生へ~」
(終了しました)

柿渋・カキタンニン研究会との共催により、国立国会図書館関西館において、市民講演会・柿渋展示会を開催します。閉会後には、館内アトリウムにて交流会及び図書館見学を実施します。是非ご参加ください。

日時 2016年 10月27日(木) 13時00分~19時00分
会場 国立国会図書館 関西館 大会議室
プログラム
  • 13:00~13:15
    • 講演会の趣旨と研究会の活動内容と国立国会図書館と共催する意義
    • (柿渋・カキタンニン研究会会長 松尾友明)
  • 13:15~13:55
    • 柿渋原料果実の生産向上に向けての課題克服について
    • (奈良県農業研究開発センター加工科総括研究員 濱崎貞弘)
  • 13:55~14:35
    • 渋柿の渋の抜ける、抜けないのはどうして決まる?!
    • (京都府立大学大学院教授 板井章浩)
  • 14:35~14:50
    • 休憩
  • 14:50~15:30
    • 渋柿の渋み成分の悪酔い防止効果とサプリメント販売戦略
    • (島根大学生物資源科学部教授 板村裕之)
  • 15:30~16:10
    • 染料屋から見た柿渋の魅力と課題
    • (田中直染料店9代目社長 田中直輔)
  • 16:10~16:45
    • 柿渋研究の情報基盤を考える:データベースの活用からみえるもの
    • (国立国会図書館関西館文献提供課 依田紀久)
  • 16:45~17:15
    • 総合討論

※講演会の部は17時15分までです。

  • 17:15~18:00 見学・意見交換
  • 18:00~19:00 交流会
募集人数 150名
参加費 無料
申込方法 終了しました
申込み締切 資料準備のため、できるだけ10月25日(火)までにお申し込みください
お問い合わせ先 国立国会図書館関西館
〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8−1−3
電話 0774-98-1341