• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > イベント・展示会情報 > 海外日本研究司書研修 特別講義「日本におけるマンガ研究:その歴史と動向」 一般公開

海外日本研究司書研修 特別講義「日本におけるマンガ研究:その歴史と動向」 一般公開

国立国会図書館では、平成29年1月に海外日本研究司書研修を実施し、その中の一科目として、特別講義「日本におけるマンガ研究:その歴史と動向」を行い、一般の方々にも公開します。

国立国会図書館は、海外における日本研究を支援する事業を行っており、海外に向けた情報発信を一つの役目としています。今回の講義では、京都精華大学国際マンガ研究センター研究員の伊藤遊氏に、海外における日本研究でも重要なテーマの一つであるマンガ研究の動向や歴史についてお話しいただきます。

伊藤遊氏プロフィール

伊藤遊氏の画像

1974年、愛知県生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム研究員。専門は民俗学・マンガ研究。

民俗学におけるテーマは、「路上観察」の元祖「考現学(こうげんがく)」の方法論研究。

マンガ研究のテーマとしては、マンガ作品そのものというよりも、マンガがどのような人々にどのように読まれているかという「マンガ環境」に関心があり、近年は、国内外のマンガ関連文化施設の調査を行っている。(以上、京都精華大学国際マンガ研究センターホームページより)

著作に『日本のマンガミュージアム 2』(京都大学地域研究統合情報センター、2015)、『マンガミュージアムへ行こう』(岩波書店、2014)、『マンガは越境する』(世界思想社、2010)、『「はだしのゲン」がいた風景―マンガ・戦争・記憶』(梓出版社、2006)などがある。

海外日本研究司書研修について

本講義は、海外日本研究司書研修の一科目として実施し、あわせて一般公開するものです。

海外日本研究司書研修は、海外の日本研究機関等に勤務する司書等を対象として、国立国会図書館が実施する研修です。当館職員による講義や、海外日本研究に関わる関係機関(今年度は京都大学図書館機構、神戸大学附属図書館、国際日本文化研究センター、立命館大学アート・リサーチセンター、龍谷大学大宮図書館)への訪問を通じ、研修参加者が日本情報の取り扱いへの知見を深めることを目的としています。

日時 2017年 1月26日(木) 14時00分~16時00分 (当日13時30分開場)
会場 国立国会図書館 関西館 1階 第一研修室 (京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)
募集人数 50名
※先着順に受け付けます。
参加費 無料
申込方法 申込フォームに必要事項を入力し、お申込みください。
申込み締切 平成29年1月23日(月)
※定員に達し次第、受付を終了します。
お問い合わせ先 国立国会図書館 関西館 図書館協力課 研修交流係
〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
電話:0774-98-1444
メールアドレス:trainingアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー