ホーム > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ」のメタデータ提供サービスについて

「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ」のメタデータ提供サービスについて

国立国会図書館は、「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称:ひなぎく)」で閲覧できる音声・動画、写真、ウェブ情報、東日本大震災などに関連する文献情報のメタデータ(タイトル、作成者などの情報)を外部提供インタフェース(API)により提供するサービスを平成25年6月4日(火)から開始しています。
このサービスにより、原則、誰でも「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ」のメタデータを機械的に取得することが可能となり、例えば、「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ」との横断検索や統合検索を行うアーカイブの構築がしやすくなります。
APIは、SRU、OpenSearchとOAI‐PMHに対応しています。
利用可能なメタデータは、6月末時点で、国立国会図書館作成メタデータ約45万件、日本原子力研究開発機構図書館蔵書約116万件です。メタデータの形式は、「国立国会図書館東日本大震災アーカイブメタデータスキーマ」です。

問い合わせ先
国立国会図書館 電子情報部 電子情報流通課 東日本大震災アーカイブ担当

このページの先頭へ