ホーム > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 東京本館から関西館への資料移送作業に伴う資料の利用の一時休止について

東京本館から関西館への資料移送作業に伴う資料の利用の一時休止について

東京本館の資料の一部を関西館へ移送します。日々増え続ける資料を適切な環境で保存し、書庫の有効な利用をはかることを目的として行います。利用者の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

移送する資料

  • (1) 昭和25年9月から昭和43年3月までに整理された和漢書のうちデジタル化が済んでいる原本(約358,000冊)
  • (2) 戦前期刊行の和漢書のうちデジタル化が済んでいる原本(約1,300冊)
  • (3) 古典籍資料室で所蔵する近代刊行資料(和漢書)のうちデジタル化が済んでいる原本の一部(約29,000冊)
  • (4) 昭和60年までに整理された中国語図書および朝鮮語図書(約60,000冊)

移送期間

平成26年9月~平成27年2月(予定)

移送期間中の利用

(1)(2)(3)については、デジタルデータをご利用いただけます。原本の閲覧および展示会への貸出しは休止いたします。
(4)については、閲覧および展示会への貸出しは休止いたします。

移送後の利用

(1)(2)(3)の原本のご利用は、調査・研究のために特に必要がある場合や展示会への貸出しに限ります。

東京本館に取り寄せてのご利用はできませんのでご注意ください。

(4)は、関西館でご利用いただけます。東京本館に取り寄せてご利用いただくこともできます。展示会への貸出しは、関西館で行います。

(問い合わせ先)

平成27年2月末日まで
03-3581-2331(大代表)
(1)(2)(4)の資料:利用者サービス部 図書館資料整備課
(3)の資料:利用者サービス部 人文課
平成27年3月以降
0774-98-1200(関西館代表・自動音声)
(1)(2)(3)の資料:関西館 文献提供課
(4)の資料:関西館 アジア情報課

このページの先頭へ