ホーム > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 平成27年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-地域の記録としての震災アーカイブ~未来へ伝えるために~-のお知らせ

平成27年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-地域の記録としての震災アーカイブ~未来へ伝えるために~-のお知らせ

国立国会図書館は、東北大学災害科学国際研究所との共催により、平成28年1月11日(月・祝)に、「東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム」を東北大学にて開催します。
シンポジウムでは、被災した自治体が災害の記録をデジタルアーカイブとして保存し、公開する意義を考え、デジタルアーカイブの利点と課題について議論を行います。また、インドネシアから、アチェ津波博物館館長のトミー・ムリア・ハサン氏を招き、海外における災害メモリアル施設と震災アーカイブの実例を紹介します。
参加費は無料です。ぜひご参加ください。

日時:
平成28年1月11日(月・祝)13時~16時30分(開場12時30分~)
会場:
東北大学災害科学国際研究所棟1階多目的ホール(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
内容:

特別講演
アチェ津波博物館館長トミー・ムリア・ハサン氏

事例報告
青森震災アーカイブ(八戸市防災危機管理課)
東日本大震災アーカイブ宮城(宮城県図書館)
浦安震災アーカイブ(浦安市立中央図書館)

進捗報告
岩手県における震災アーカイブの現状(東北大学災害科学国際研究所准教授柴山明寛氏)
国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(国立国会図書館)
みちのく震録伝(東北大学災害科学国際研究所)

パネルディスカッション
事例報告者、進捗報告者

定員:
200名※事前申込み(先着順)が必要です。
参加費:
無料
申込方法:
詳細は次のページに掲載のシンポジウム案内をご覧ください。
問い合わせ先
東北大学 災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門災害アーカイブ研究分野(担当小野、柴山)
電話:022-752-2099
メールアドレス:archiveforum@irides.tohoku.ac.jp

このページの先頭へ