ホーム > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会~震災の記録・証言を将来に活かすために~のご案内

東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会~震災の記録・証言を将来に活かすために~のご案内

国立国会図書館では、平成25年以来、東日本大震災に関するアーカイブ活動支援の一環として、記録の整理および保存の方法についてアーカイブの専門家による講習会を開催しています。
東京都、岩手県、宮城県での講習会に引き続き、平成28年は福島県で開催します。
被災地などにおける支援活動を行う団体などどなたでもご参加いただけます。

日時:
平成28年6月27日(月)13時30分~16時50分(13時開場)
会場:
コラッセふくしま 5F小研修室(福島市三河南町1番20号)
内容:
  • 講義:
    川副 早央里氏(早稲田大学文学学術院文化構想学部現代人間論系助手、元いわき明星大学震災アーカイブ室客員研究員)
    「災害体験の記憶を記録に遺す-いわき明星大学震災アーカイブ室における証言記録の収集と保存の取組-」
  • 講義:
    田中洋史氏(長岡市立中央図書館文書資料室室長)
    「長岡市災害復興文庫の構築と発信-中越大震災から東日本大震災へ-」
  • ワークショップ:
    田中洋史氏
    「東日本大震災避難所資料の整理と活用」
定員:
50名(先着順)
詳細:
国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称:ひなぎく)
次のページをご覧の上、お申し込みください。
http://kn.ndl.go.jp/information/467
問い合わせ先
国立国会図書館 電子情報部 電子情報流通課
東日本大震災アーカイブ担当
電話:03-3581-2331(代表)

このページの先頭へ