ホーム > 図書館員の方へ > 図書館へのお知らせ > 本の万華鏡 第24回「ことのこと―箏と箏曲―」を公開しました

本の万華鏡 第24回「ことのこと―箏と箏曲―」を公開しました

平成29年3月21日(火)から提供を開始したミニ電子展示「本の万華鏡」第24回のテーマは「箏」です。

日本で「こと」と呼ばれる楽器はいくつもあります。「箏」と「琴」は異なる楽器を指すことをご存知ない方も多いのではないでしょうか。どちらも日本の伝統楽器として歴史の音楽シーンを彩ってきましたが、今回は、奈良時代に中国から伝来した「箏」を取り上げます。
第1章では、箏の音楽「箏曲」の中でもお正月に耳にする機会も多い「春の海」や、「六段の調」など、代表的な曲をご紹介します。これらの曲は当館のデータベース「歴史的音源」でデジタル音源を聞くことができます。第2章と第3章では、文学作品や絵図に描かれた箏とその発展に尽力した音楽家を追いながら、箏の歴史を概観します。

箏の音とともに展示をお楽しみください。

(国立国会図書館 利用者サービス部 サービス企画課 展示企画係)

このページの先頭へ