ホーム > 図書館員の方へ > 図書館員の研修 > 平成25年度の研修 > 遠隔研修後期「資料保存の基本的な考え方」「科学技術情報-科研費報告書・博士論文・規格-」「図書館と著作権」開講のご案内

遠隔研修後期「資料保存の基本的な考え方」「科学技術情報-科研費報告書・博士論文・規格-」「図書館と著作権」開講のご案内

当館では、各種図書館で働く方を対象に、実務に役立つ講座をインターネットを通じて提供する遠隔研修を行っています。インターネットを利用できる環境があれば、図書館および図書館情報学に関する研修を、好きな場所で好きな時間に受講できます。

平成25年11月1日(金)からは、後期講座として「資料保存の基本的な考え方」「科学技術情報-科研費報告書・博士論文・規格-」「図書館と著作権」を開講します。
「和書のさまざま」および「資料デジタル化の基礎」は登録不要で一年中いつでも受講が可能です。

各講座の内容や開講時期などの詳細は、国立国会図書館遠隔研修ポータルサイトの「講座のご案内」をご覧ください。

国立国会図書館遠隔研修ポータルサイト
https://ndl.secure.force.com/

募集期間:平成25年11月1日(金)~平成25年12月2日(月)
開講期間:平成25年11月1日(金)~平成26年2月28日(金)
講座および定員:「資料保存の基本的な考え方」「科学技術情報-科研費報告書・博士論文・規格-」「図書館と著作権」あわせて700名

  • 募集期間内であっても、定員に達し次第、募集を終了いたします。
  • 各講座の内容は、ポータルサイトの「講座詳細」で、受講手続などについては「受講までの流れ」でご確認ください。
  • 受講環境には制限があります。お使いのパソコンで受講が可能かどうかをポータルサイトの「受講環境」で事前にご確認のうえ、ご応募ください。
  • 認定条件を満たして修了した受講者には、修了証書を発行いたします。
     (「和書のさまざま」、「資料デジタル化の基礎」は除きます。)

問い合わせ先
 国立国会図書館 関西館 図書館協力課 研修交流係
 電話:0774-98-1446

このページの先頭へ