ホーム > 図書館員の方へ > 図書館員の研修 > 平成28年度の研修 > 平成29年度研修一覧を掲載しました

平成29年度研修一覧を掲載しました

国立国会図書館が平成29年度に実施する研修の一覧を掲載しました。

集合研修

全10テーマの研修を実施いたします。
「レファレンス・サービス研修」については、東京本館会場では経済社会情報を、関西館会場では科学技術情報を主たるテーマとして取り上げます。
また、平成27、28年度は実施しなかった「資料デジタル化研修」を実施します。

遠隔研修

事前の受講登録を要する以下の登録講座

  • 「科学技術情報-概論-」
  • 「科学技術情報-科研費報告書・博士論文・規格-」
  • 「経済産業情報の調べ方」
  • 「資料保存の基本的な考え方」
  • 「図書館と著作権」

については、5講座全てを前期、後期の2回開講します。
また、平成28年度に以下の講座を公開しました。ぜひご利用ください。

  • 「音楽資料概論―音楽資料とは何か」
  • 「科学技術分野の調べ方」
  • 「科学技術分野専門資料各論(規格、会議録)」

平成28年度内に、あと2講座を追加する予定です。
平成29年度も新規講座の公開を予定しています。

講師派遣型研修

全16テーマの研修をご提供いたします。
詳細は以下のページをご覧ください。

各研修の詳細・申込方法

各研修の詳細・申込方法については、「平成29年度の研修」や「図書館へのお知らせ」、およびメールマガジン『図書館協力ニュース』を通じて随時お知らせします。

皆さまからのお申込みをお待ちしています。

お問い合わせ先
国立国会図書館 関西館 図書館協力課 研修交流係
電話:0774-98-1444
メールアドレス:trainingアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

このページの先頭へ