• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 新着情報 > ニュース > 2016年11月11日(金)、「家族のダイバーシティ―ヨーロッパの経験から考える―」を開催します(付:プレスリリース)

2016年8月17日 2016年11月11日(金)、「家族のダイバーシティ―ヨーロッパの経験から考える―」を開催します(付:プレスリリース)

国立国会図書館では、ドイツの有力な公法学者で、憲法、行政法、EU法及び国際法の専門家である、マルティン・ネッテスハイム氏をお招きしてセミナーを開催します。
近年、日本では、地方公共団体の間で同性カップルに対する支援の試みが広がりつつあります。一方、ドイツは、同性婚は認めていないものの、2001年に生活パートナーシップ制度を導入し、同性カップルを法秩序に統合するようになりました。本セミナーでは、ネッテスハイム氏に、「ドイツの生活パートナーシップ制度と憲法(仮題)」と題し、生活パートナーシップ制度の展開と、家族の多様性についてお話しいただきます。講演後は、民法や憲法の専門家とのパネルディスカッションを行います。

お申込み方法など詳細は、イベント・展示会情報をご覧ください。

このページの先頭へ