ホーム > 新着情報 > ニュース > 資料のデジタル化に伴う原資料の利用停止について

2016年8月23日 資料のデジタル化に伴う原資料の利用停止について

国立国会図書館では、所蔵資料のデジタル化を実施しています。
デジタル化作業のため、下記の予定で一部の資料の利用を停止します。

対象資料の詳細は「デジタル化作業に伴う原資料の利用停止について」 をご確認ください。

<利用停止期間> 平成28年9月13日~平成29年4月末日(予定)

  • ご利用いただけない資料は、NDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索・申込システム)の所蔵詳細画面上に、「作業中」の表示でお知らせしています。ご利用にあたっては、事前に検索してご確認ください。
  • 利用停止期間等は変更する場合があります。
  • お知らせは、館内掲示等でも行います。

利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

このページの先頭へ