• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 新着情報 > ニュース > 「平成28年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-震災から6年経過した震災アーカイブの進化と深化-」を2017年1月20日に東北大学で開催します(付・プレスリリース)

2016年11月22日 「平成28年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-震災から6年経過した震災アーカイブの進化と深化-」を2017年1月20日に東北大学で開催します(付・プレスリリース)

国立国会図書館は、東北大学災害科学国際研究所との共催により、平成29年1月に東北大学災害科学国際研究所多目的ホールにて、東日本大震災アーカイブ国際シンポジウムを開催します。

まず特別講演として、発災直後から東日本大震災を対象としたアーカイブを構築したハーバード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所からアンドルー・ゴードン教授を特別講演者に招き、日本災害アーカイブ(旧「2011年東日本大震災デジタルアーカイブ」)を紹介するとともに、参加型デジタルアーカイブの可能性について論じます。様々な立場からの報告後、特別講演者・報告者全員によるパネルディスカッションを行い、震災から6年が経過した震災アーカイブの進化と深化について議論します。

詳細はプレスリリースをご覧ください。

また、東日本大震災アーカイブ(愛称:ひなぎく)のイベントページにも掲載しています。

このページの先頭へ