ホーム > 新着情報 > ニュース > 図書館向けデジタル化資料送信サービスの参加館数が1,000館を超えました

2019年2月1日 図書館向けデジタル化資料送信サービスの参加館数が1,000館を超えました

平成26年1月から開始した「図書館向けデジタル化資料送信サービス」の参加館数が1,000館を超えました。1,000館目を飾ったのは神奈川県の大和市立図書館です。
利用できる図書館等は、「図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館一覧」でご確認いただけます。ご利用方法は、各参加館に直接お問い合わせください。

サービスの詳細については、「図書館向けデジタル化資料送信サービス」のページをご参照ください。

今後も、図書館向けデジタル化資料送信サービスの普及と参加館の拡大に向け、関係者と連携・協力して取り組んでまいります。

このページの先頭へ