• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 刊行物 > びぶろす > 77号(平成29年7月)

びぶろす-Biblos

77号(平成29年7月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412
1. 【特集:海と図書館】
『特集:海と図書館』にあたって

『びぶろす』77号は、7月第3月曜日の「海の日」にちなみ、日本が世界とつながる海をテーマに特集を企画しました。


「海」は図書館に限ってもテーマとして広くて深く、『専門情報機関総覧2015』(専門図書館協議会)の主題分野ガイドの「海事」、「交通・運輸・倉庫」、「水産」、「造船」掲載機関だけでも延べ89機関あり、関連する分野も含めると、さらに多くの機関があります。今回の特集では、「海」に関係する専門図書館の活動、所蔵資料を活かした展示、海洋情報の調査と提供、を話題として取り上げることにしました。


公益財団法人日本海事センター海事図書館は、一般の利用者にも開かれた専門図書館ならではの長い活動を行い、船や海運に関するレファレンスサービスに対応しています。

また、神戸市立中央図書館は今年の1月1日に迎えた神戸港開港150年にあたり、所蔵資料のデジタル画像を活用した展示に続き、神戸アーカイブ写真館や神戸市みなと総局と連携した展示も実施しています。東京海洋大学附属図書館では、企画展示と講演会を契機に伊藤熊太郎の魚類博物画について調査が進み、資料のデジタル化に至っています。

特集の最後では、海上保安庁海洋情報部「海の相談室」でお話を伺い、海洋情報の調査と提供についてまとめました。


この特集を通じ、海にまつわる情報源が、絵図や水路図誌や図書などの紙媒体にとどまらず、デジタル化資料や、インターネットを通じて得られる海洋情報など、多岐にわたりますことをお伝えできれば幸いです。

(編集担当)

このページの先頭へ