• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 刊行物 > びぶろす > 77号(平成29年7月)

びぶろす-Biblos

77号(平成29年7月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412
2. 【特集:海と図書館】
船と海の専門図書館 -海事図書館の活動とレファレンス-

公益財団法人日本海事センター 海事図書館 木村 素子

1.海事図書館の概要

日本海事センター海事図書館は、1974年6月、海事産業研究所海事資料センターとして設立されました。2004年、海事産業研究所の解散により日本海運振興会に譲渡され、日本海運振興会海事情報センターと改称。2007年4月に、日本海運振興会と日本海事財団の統合により、日本海事センター海事図書館と改称し、現在に至ります。設立から43年が経っており、歴史ある図書館と言っても過言ではないかもしれません。

設立時から現在まで、東京・平河町の海運ビルにあり、海事関係者だけでなく誰でも利用できます。書架は開架式で、約40,000冊の図書、約900種の雑誌のほとんどを、自由に手に取って閲覧することができます。複写・貸出も行っており、1日平均10名ほどの来館者があります。

蔵書は、19世紀中葉以降の海運や造船に関する経済・政策・法・歴史など、社会科学系の図書や報告書が主となっており、操船技術や船舶工学などの科学技術系の資料はほんのわずかです。蔵書はホームページ上「蔵書検索」からも検索できるようになっています。

海事図書館閲覧室の様子

2.海事図書館の活動

海事図書館では、次のような活動も行っています。

①雑誌記事見出し検索

蔵書検索とは別に、主要な雑誌について、記事見出し・筆者・刊行年月などをデータベース化し、ホームページ上「雑誌記事見出し検索」から検索できるようにしています。

国立国会図書館の雑誌記事索引に採録されていない雑誌もあり、利用者だけでなく我々スタッフがレファレンスに対応する際にも役立っています。

②NACSIS-CAT/ILLへの参加

CATへの所蔵登録は以前から行っていましたが、2012年8月からILLにも参加しました。こちらから依頼をすることは稀ですが、全国の大学や研究所の図書館から、年間50~70件程度の複写依頼があります。

③レファレンス協同データベースへの参加

国立国会図書館が主催するレファレンス協同データベースに、実験事業であった2003年から参加しており、2017年6月現在、479件のレファレンス事例を一般公開しています。事例へのアクセス件数も多く、これまでに5回、国立国会図書館から御礼状をいただきました。

④パネル展の開催

2012年から、主に船員の仕事について解説した「海のしごと」というパネル展を開催しています。全国の図書館や博物館と共催して巡回し、これまでに8回開催しました。また、パネルの内容を冊子にまとめ、希望者に無料で配布しています。

今年度の開催は未定ですが、パネルの内容が少々古くなってきたこともあり、内容刷新も検討しています。

2015年に岡山県立図書館で開催したパネル展の様子

3.海事図書館のレファレンス

海事図書館には、船や海運に関する狭く深い様々な問い合わせが寄せられます。中でも多いのは、統計に関するものと、歴史に関するものです。

統計に関しては、ばら積み船の用船料、アジア-北米間のコンテナ荷動き量、タンカーの竣工量など、船の種類や航路を限定した、かなり細別されたデータを求められます。当館では海外の統計資料を数多く揃えており、毎月最新のデータを調べに来る利用者も多くいます。

歴史に関しては、明治から昭和初期にかけて存在した船や船会社についての質問が多く見られます。当館には、19世紀からの船名録(船の名簿)が揃っており、船の名前で調べれば、大きさや建造年、所有者などを知ることができます。ただ、その船がどのような航路でどのような航海をしたのかについては、船名録には記載がありません。船会社の社史や、船の愛好家の方々が有志でまとめた資料などを調べても、判明しないことがしばしばあります。

海事図書館という名称から、当館ではあまり詳しくない科学技術系の問い合わせを受けることもありますが、当館で充分な回答ができない場合は類縁機関を紹介しています。また、レファレンスに日本海事センター研究員の力を借りることもあります。

利用者は海事図書館の専門性を信頼し、ここに聞けば分かるだろうという希望を持って問い合わせてきます。その信頼に応えるべく、ほんのわずかな情報でもお返しするように努めています。

4.おわりに

海事に関してこれだけの蔵書を持ち、一般に公開している図書館は国内では当館だけと思われます1。皆様のご利用をお待ちしております。



公益財団法人日本海事センター海事図書館
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-4 海運ビル9階
Tel: 03-3263-9422 Fax: 03-3265-5035
開館時間:平日12:00~17:00(入館・複写は16:30まで)
休館日:土日祝日、年末年始(12/27~1/5)
※臨時休館もございますので、ホームページ開休館日カレンダーをご確認ください。

(きむら もとこ)

  1. 海事図書館HPの関連図書館リンクでは、海事関係の図書館のサイトや海事関係資料データベースを紹介しています。

このページの先頭へ