ホーム > 報告書・刊行物 > びぶろす > 78・79合併号(平成30年1月)

びぶろす-Biblos

78・79合併号(平成30年1月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412

2. 【特集:世界図書館情報会議(国際図書館連盟(IFLA)第83回年次大会)大会】
国立図書館分科会及び政府機関図書館分科会等に参加して

国立国会図書館総務部支部図書館・協力課  熊倉 優子

1.はじめに

2017年8月19日(土)から25日(金)にかけて、ポーランド・ヴロツワフの百周年記念ホールにおいて、「世界図書館情報会議・第83回国際図書館連盟年次大会(WLIC/IFLA2017)」(以下「大会」)が開催された。国立国会図書館からは羽入館長を団長とする計8名の代表団が参加した。

本稿では、本大会の国立図書館分科会及び政府機関図書館分科会等の活動を中心に紹介する。

今大会の会場となった百周年記念ホール

2.国立図書館分科会

8月23日(水)午前に開催された国立図書館分科会・情報技術分科会合同セッション「A Memory Bank for the Digital Society: National Libraries and Web Archiving」に参加した。議長のGuy Berthiaumeカナダ国立図書館・公文書館長の進行の下、第一部ではスウェーデン国立図書館フランス国立図書館カナダ国立図書館・公文書館英国図書館からウェブアーカイビングの取組について報告があった。10分程度の休憩を挟み、第二部ではアムステルダムとパリを拠点にインターネット情報保存の推進に取り組むNPO団体Internet Memory Foundation and Internet Memory Researchからの報告に続き、スロヴェニア国立・大学図書館オーストラリア国立図書館等から報告があった。

国立図書館分科会・情報技術分科会 合同セッションの様子

いずれの報告館も、ウェブアーカイビングの実施にあたり、実験事業→法整備→本格導入というステップを踏み、まずは自国の国別コードを含むドメインを対象に収集する点が共通しており、ウェブ情報の収集・保存にあたっては、国を越えたより一層の協力が必要であることが強調された。

翌24日(木)の国立図書館分科会常任委員会ビジネスミーティングでは、2018年にマレーシアで開催されるWLIC/IFLA2018について話し合われ、セッションのテーマとして「ソーシャルメディアの収集・保存」や「灰色文献の収集」の2案が出された。

3.政府機関図書館関係のセッション

政府機関図書館分科会・議会のための図書館・調査サービス分科会合同セッションは国立図書館分科会と同時開催だったため、筆者は参加できなかった。

そこで、ここでは政府機関図書館分科会に関係の深い、政府情報・官庁出版物分科会セッション「How to Find It? International Legal Institutions Informing the Public」について報告する。

本セッションでは、スイス・ジュネーヴに拠点を置く国際労働機関(ILO)図書館、イタリア・フィレンツェの欧州大学院図書館欧州大学院図書館、フランス・ストラスブールの欧州人権裁判所図書館の三つの国際機関及びギリシャのEU資料センター(EU Documentation Center)から、国際機関や政府の情報や官庁出版物のアクセス確保と利用者教育の取組について報告があった。

政府情報・官庁出版物分科会セッションの様子

ILO図書館からの報告では、発展途上国向けのオンラインの法律情報提供サービス(Global Online Access to Legal Information (GOALI))の取組が紹介され、人々がより良い暮らし、より良い仕事をするためにも法律情報へのアクセスを保障すると同時に、情報を利用する側のスキルを高めることが重要であると強調され、大変興味深かった。GOALIは途上国を対象としているが、インターネット上に情報が溢れ、検索サービスを使って手軽に情報が検索できる今日、どの国においても、利用者の情報を吟味するスキルを育てることは図書館の重要な役割であろう。

24日(木)の午前に出席した政府機関図書館分科会のビジネスミーティングにおいても、WLIC/IFLA2018のセッションについて話し合われ、今大会のセッションと同様、テーマは「持続可能な開発のためのアジェンダ2030(SDGs)」とする方向で調整することとなった。また、同分科会では『IFLA政府機関図書館のためのガイドライン』の第11章「政府機関図書館の役割についてのアドヴォカシー」をSDGsに結び付けて改定すべく作業を続けており、WLIC/IFLA2018を目途に改定案をまとめるとのことである。

政府機関図書館分科会ビジネスミーティングの様子。スクリーンにはSDGsが映し出されている。

4.おわりに

筆者にとって、今回が初の大会参加である。支部図書館・協力課協力係の業務で、IFLA大会のプログラムを調べたり、出張者から会議の様子を聞いたりする機会はあったが、実際に現地で図書館員が国や地域、館種を越えて協力し、積極的に社会に向けて発言・行動することを通じて、図書館や図書館員の社会的な意義を自ら定義していこうという活気に満ちた空気を感じることできたのは大きな収穫であった。今回の出張にあたり、お力添え下さった全ての方々に心より感謝を申し上げ、所感としたい。

(くまくら ゆうこ)

このページの先頭へ