ホーム > 利用者登録

国立国会図書館の利用者登録について

国立国会図書館は、我が国唯一の国立図書館として、主として納本制度に基づいて収集した資料をわが国の貴重な文化的 な財産として、長期にわたって保存し、国民の利用に供することを任務としています(国立国会図書館法第25条・第21条)。収集した資料には、我が国で当 館に1点だけしかない資料も多く、収集した資料の切取り・汚損・亡失を防ぎ、これを後世に継承することは当館の任務です。そのため、来館して書庫内の資料 を利用する際には、利用者登録をしていただき、責任を持った利用をお願いしています。利用者登録制度によって、利用者の利便性の向上にも資するように配慮 しています。
また、来館せずに国立国会図書館の資料・サービスを利用することもできます。その場合でも、利用者登録をしていただくことで、当館を十分に活用していただくことができるようになっています。
国立国会図書館では個人情報の保護に関する基準等を定め、個人情報の適正な取扱いに努めております。システムへの不正アクセスができないように万全を期し、使用目的が終了した後、速やかにかつ確実に廃棄いたします。
「個人情報の取扱いについて」をご参照ください。

登録利用者には、「個人の登録利用者」「インターネット限定登録利用者」と「機関としての登録利用者」があります。いずれも登録は無料です。
このページでは、「個人の登録利用者」と「インターネット限定登録利用者」についてご案内します。
「機関としての登録利用者」については、「登録利用者(機関)になると」をご参照ください。

「個人の登録利用者」が利用できるサービス

以下の1~5に示す国立国会図書館のサービスを利用される際は、利用者登録をする必要があります。登録の手続については、「「個人の登録利用者」になるには」の項をご参照ください。
なお、このうち「5 遠隔複写サービス」は、国立国会図書館オンラインで「インターネット限定登録利用者」としての利用者登録を行うことでも利用できます。この場合の手続は、「「インターネット限定登録利用者」になるには」の項をご参照ください。

館内におけるサービス

1 書庫資料の利用 東京本館、関西館では、所蔵資料の大部分を占める書庫資料は、登録利用者の方のみが利用できます。
登録利用者でない方も東京本館、関西館に入館できますが、ご利用いただけるのは開架資料及び館内の利用者端末のみですのでご注意ください。
※国際子ども図書館では、登録利用者でなくても、国際子ども図書館所蔵の書庫資料の閲覧申込みができます。
2 後日郵送複写 館内で申し込んだ所蔵資料の複写物を、後日ご指定の発送先に郵送します。
※国際子ども図書館では、登録利用者でなくても、後日郵送複写を利用できます。
3 資料の取寄せ 東京本館に関西館の資料を、また、関西館に東京本館・国際子ども図書館の資料を取り寄せ、閲覧することができます。
※国際子ども図書館に関西館・東京本館の資料を取り寄せることはできません。
詳しくは、 をご覧ください。
4 閲覧予約(関西館のみ) 関西館をご利用の場合、事前に国立国会図書館オンラインで関西館所蔵の書庫資料の閲覧を予約できます。
詳しくは、「登録利用者へのサービス(関西館)」をご参照ください。

来館しないで利用できるサービス(「インターネット限定登録利用者」の方も利用できます)

5 遠隔複写 当館に来館することなく、ご自宅や職場から「国立国会図書館オンライン」または「申込書の郵送」により複写を申し込み、複写製品を郵送で受け取ることができます。 詳しくは、「遠隔複写サービス」をご参照ください。

このページの先頭へ

登録できる方

  • 満18歳以上の方ならどなたでも登録することができます。
  • 氏名・現住所・生年月日が確認できる本人確認書類が必要です。(国立国会図書館オンラインで「インターネット限定登録利用者」としての利用者登録を行う場合は不要です。)
  • 勤務先や学校等の住所では登録できません。
  • 「個人の登録利用者」であるか「インターネット限定登録利用者」であるかを問わず、一人が複数の利用者登録を行うことはできません。

このページの先頭へ

「個人の登録利用者」になるには

東京本館及び関西館で次の書類をご提出のうえお申し込みください。
すでに「インターネット限定登録利用者」になっている方は、館内におけるサービスを利用する際に「個人の登録利用者」に移行する必要があります。

  • 必要事項を記入した「利用者登録申請書(PDF: 80KB)
    ※館内にもあります。郵送もいたしますので、ご希望の方はお問い合わせください。
  • 氏名、生年月日、現住所が確認できる本人確認書類
    有効期間内のもので、申請内容に一致する情報が書かれているものをご提出ください。
    本人確認書類として有効なものについては、「本人確認書類について」の項をご参照ください。
    写しでも可ですが、氏名、生年月日、現住所が明記されている箇所全ての写しをご用意ください。

受付場所は次のとおりです。

東京本館 利用者登録カウンター(新館入口) 月~金:9時~18時30分
土:9時~16時30分
関西館 入退館カウンター 月~土:9時30分~18時
国際子ども図書館 受け付けておりません

また、お申し込みは郵便でも受け付けています。
上記①②及び定型サイズの返信用封筒(返信用の切手は不要です。)を同封のうえ、下記宛先にお送りください。

国立国会図書館関西館 文献提供課複写貸出係
〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
(「利用者登録申請書在中」と朱書してください)

東京本館、関西館に初めて来館する際は、「登録利用者カード」の発行手続きが必要ですので、本人確認書類を忘れずにご持参ください。

このページの先頭へ

「インターネット限定登録利用者」になるには

遠隔複写サービスのみを利用する予定の方は、国立国会図書館オンラインでも利用者登録ができます。
本人確認書類を提出する必要はありませんが、連絡の取れる電子メールアドレスが必要です。

詳しくは、国立国会図書館オンラインのヘルプ「9-2 新規利用者登録(インターネット限定利用者登録)(1-b)」をご参照ください。
※館内におけるサービスを利用する予定の方は、「個人の登録利用者」として利用者登録を行う必要があります。 ※「個人の登録利用者」は、遠隔複写サービスを利用可能です。重ねて「インターネット限定利用者登録」をする必要はありません。

国立国会図書館オンラインで利用者登録を行った場合、利用者ID及びパスワードは書面での通知を行いませんので、必ずメモを取っておいてください。

利用者IDやパスワードが分からなくなった場合は、「利用者ID、パスワードが分からなくなった場合」をご参照ください。

このページの先頭へ

登録の有効期間

登録の有効期間は、登録した日から3年間です。
また、次のことにより、有効期間はその日から3年間延長されます。

  • 東京本館、関西館に入館する(「個人の登録利用者」のみ)
  • 国際子ども図書館児童書研究資料室に入室する
  • 登録利用者カードの発行を受ける
  • 本人確認書類を提示した上で、利用者情報の変更手続を行う
  • 国立国会図書館オンラインにログインする
  • 遠隔複写サービスを利用する(当館がお申し込みを受け付けた日から3年間延長されます)

失効した場合は、登録利用者としてのサービスが受けられなくなりますので、再度、利用者登録をする必要があります。

  • 有効期限は、国立国会図書館オンラインのトップページで利用者IDとパスワードを入力してログイン後、画面右上の「利用者情報」画面でご確認いただけます。
  • また、電子メールアドレスを登録されている場合は、失効日の約3か月前に電子メールで更新のご案内をお送りします。

このページの先頭へ

登録情報を変更したい場合

1. 国立国会図書館オンラインで変更できる情報

  • パスワード、電話番号、FAX番号、メールアドレス、発送先(登録された住所等とは別に複写物の郵送を希望する場合に指定できます)は、国立国会図書館オンラインで変更できます。
    「インターネット限定登録利用者」の方は、これに加えて登録住所も国立国会図書館オンラインで変更できます。
  • 変更する場合は、国立国会図書館オンラインのトップページで利用者IDとパスワードを入力してログインし、画面右上の「利用者情報」をクリックしてください。画面上の注意事項をよくお読みの上、各項目に入力してください。

2. 氏名、登録住所を変更したい場合(「個人の登録利用者」の方)

東京本館、関西館の館内又は郵送にて手続ができます。
次の書類が必要です。

  • 必要事項を記入した「登録利用者情報変更等申請・届出書(PDF: 84KB)
    ※館内にもあります。郵送もいたしますので、ご希望の方はお問い合わせください。
  • 氏名、生年月日、現住所が確認できる本人確認書類
    有効期間内のもので、申請内容に一致する情報が書かれているものをご提出ください。
    本人確認書類として有効なものについては、「本人確認書類について」の項をご参照ください。
    写しでも可ですが、氏名、生年月日、現住所が明記されている箇所全ての写しをご用意ください。

書類の提出先については、「「個人の登録利用者」になるには」の項をご参照ください。

3. 氏名を変更したい場合(「インターネット限定登録利用者」の方)

国立国会図書館オンラインの手続により発行された利用者IDの登録名義の変更は承っておりません。次のいずれかの手続をお願いいたします。

このページの先頭へ

利用者ID、パスワードが分からなくなった場合

パスワードが分からなくなった場合、利用者IDと登録メールアドレスを使って国立国会図書館オンラインでパスワードを再設定することができます。国立国会図書館オンラインのヘルプ「9-3 パスワード再設定(1-c)」をご参照ください。
利用者IDが分からなくなった場合、登録していたメールアドレスが無効になってパスワードの再設定ができなくなった場合は、次の手続をお願いします。

1. 「個人の登録利用者」の方

登録情報の変更手続と同じ手続が必要です。詳しくは、「登録情報を変更したい場合」の「2. 氏名、登録住所を変更したい場合(「個人の登録利用者」の方)」の項をご参照ください。

  • 「登録利用者情報変更等申請・届出書」の「2.パスワード票の再発行」及び「4.利用者登録証の紛失又は破損」を選択してください。

2. 「インターネット限定登録利用者」の方

まずは、関西館文献提供課複写貸出係に電話でお問い合わせください。

このページの先頭へ

登録情報を抹消したい場合

登録情報の抹消を希望される場合は、抹消手続をお願いします。
提出書類に不備がなく、利用中のサービスがなければ、速やかに登録を抹消します。

1. 「個人の登録利用者」の方

登録情報の変更手続と同じ手続が必要です。詳しくは、「登録情報を変更したい場合」の「2. 氏名、登録住所を変更したい場合(「個人の登録利用者」の方)」をご参照ください。

  • 「登録利用者情報変更等申請・届出書」の「3.登録利用者情報の抹消」を選択してください。

2. 「インターネット限定登録利用者」の方

まずは、関西館文献提供課複写貸出係に電話でお問い合わせください。

このページの先頭へ

本人確認書類について

当館が本人確認書類として認めるものは次のとおりです。

  • いずれも有効期限内のもので、かつ氏名、現住所、生年月日が記載されているものに限ります。
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)※表面のみ。個人番号が記載された裏面は送付しないでください。
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 学生証
  • 住民票の写し(3カ月以内に発行されたもの。ただし、個人番号が記載されているものはご利用いただけません。)
  • その他、公的機関が発行する手帳及びそれに準ずるもの

これらの書類だけでは現住所を証明できない場合は、住所及び氏名が明記された電気・水道・ガス・電話料金等の請求書や領収書をあわせて提示いただくことで、本人確認書類として扱います。
例:運転免許証と、現住所が記載されている電気料金の請求書の両方をご提示いただく

  • 氏名、現住所、生年月日等が裏面などに記載されているときは、その部分も必要です。ただし、個人番号カードについては、個人番号が写らないようにご注意ください。
  • 次のような書類は本人確認書類として使用できません。ご了承ください。
    個人番号(マイナンバー)の「通知カード」、社員証、定期券、名刺、シルバーパスなど。

このページの先頭へ

登録利用者制度についてのお問い合わせ

登録利用者制度のお問い合わせについては下記までお電話ください。

  • 「利用者登録証」「登録利用者カード」を紛失した場合
  • 利用者ID、パスワードを忘失した場合(「利用者登録証」「パスワード票」を再発行します。)
  • 登録利用者情報の失効に関する確認など
  • その他、登録利用者制度全般についてのお問い合わせ

国立国会図書館関西館 文献提供課複写貸出係
電話:0774-98-1313(直通:月~土、9時30分~18時)※ただし、関西館の休館日を除く

このページの先頭へ

国立国会図書館利用者の個人情報の取扱いについて

国立国会図書館は、利用者から取得する個人情報の利用・管理について、国立国会図書館個人情報保護規則(平成29年国立国会図書館規則第4号)(PDF: 300KB)に基づき、次のとおり定めています。

「個人情報の取扱いについて」お問い合わせ先

利用者サービス部サービス企画課
電話:03-3581-2331(代表)

このページの先頭へ