• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > サービス概要 > 資料の貸出し > 資料の貸出し(海外でのご利用)

資料の貸出し(海外での利用)

国立国会図書館は国の唯一の納本図書館であり、所蔵資料を保存し、国民共有の財産として、後世に残すという使命を負っています。その所蔵資料は、原則として館内での利用にとどめ、個人に対する資料の貸出しは行っていません。
しかし、所属の大学図書館などを経由する図書館間貸出しサービスによって、海外においても当館の資料を閲覧することができます。

ただし、以下に述べるようにさまざまな制限があります。

貸出しを受けることのできる図書館

国立国会図書館の資料の貸出しサービスを利用できるのは、当館の図書館間貸出制度に申請し、承認を受けた機関に限られます。

図書館間貸出制度加入申請方法

加入を希望する図書館は、以下の書類を郵送にて下記住所までご提出ください。

Application for the User Registration System for Interlibrary Loan Services 登録館としての情報登録及び利用者ID発行用の申請書です。また借受館としての誓約書でもあります。当館が貸し出した資料についての、以下の3点の誓約条項を含みます。
  • 館外帯出禁止
  • 複写禁止
  • 紛失・破損した場合の弁償
    • 申請機関の長の署名が必要です。
    • 書式は下記住所までご請求ください。
    • すでに図書館間貸出制度に加入して、東京本館及び関西館資料の利用の承認を受けている図書館が国際子ども図書館資料を利用する際には、別途、国際子ども図書館への申請が必要となります。書式は下記国際子ども図書館までご請求ください。
閲覧室(または閲覧席)の状況がわかる写真 当館から貸し出した資料が、どのような状態の場所で利用されるのかを把握するために、提出していただいています。
該当写真が載っている利用案内・リーフレット・要覧等でも可。
図書館の概要、年報等 加入希望館の活動状況を把握するための資料です。
施設の規模、職員構成および蔵書数等がわかる資料を添付してください。
  • 上記以外にも、必要に応じて資料を提出していただく場合や、状況をお尋ねする場合があります。

Application請求先・加入申請書類送付先

〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3 JAPAN
国立国会図書館関西館 文献提供課複写貸出係
fax:+81-774-94-9112 /メールアドレス:ill-secアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

(国際子ども図書館への申請の場合)
〒110-0007
東京都台東区上野公園12-49 JAPAN
国際子ども図書館 資料情報課情報サービス係
fax:+81-3-3827-2043 / メールアドレス:shijo-ilclアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

  • 加入申請書類の提出方法は、郵送のみです。FAX、添付ファイル形式での提出はできません。

加入承認のお知らせ

加入承認を完了すると、承認書、登録証及び利用の手引きをお送りします。
登録証には利用者IDと初期パスワードが記載されています。利用者IDとパスワードは、NDL-OPAC(オンライン目録)からのインターネット経由での貸出・複写申込の際必要となりますので、大切に保管してください。
初期パスワードはお早めに変更してください。パスワードの変更方法については、NDL-OPACの利用の手引きをご覧ください。

  • 加入申請の承認には、申込後約4-6週間かかります。
  • 承認後、図書館の名称や所在地等に変更が生じた場合には、下記まで文書にてお知らせください。

〒619-0287
京都府相楽郡精華町精華台8-1-3 JAPAN
国立国会図書館関西館 文献提供課複写貸出係
fax:+81-774-94-9112

貸出しできる資料

当館所蔵のすべての資料を貸出しできるわけではありません。
図書館間貸出しサービスに基づいて貸し出すことができる資料は、概ね昭和23年の当館設立以降に受け入れた和洋の図書とお考えください。

貸出制限資料群

貸出しできない主な資料は以下のとおりです。

  • 逐次刊行物(新聞、雑誌など)
  • 劣化資料、損耗の著しい資料(酸化した資料など)
  • 経年により稀少、貴重となった資料(和古書など)
  • 形態、性格などから貸出しに適さない資料(大型本、参考図書など)
  • 非図書形態の資料(マイクロ資料(上記当館で和図書をマイクロ化したものを除く)、1枚ものの地図、電子資料、楽譜・音盤など)
  • コレクションに準ずるもの
  • 容易に入手することができると判断される資料
  • 亡失または損傷しやすい資料
  • デジタル化が済んだ資料

貸出期間

資料を受け取ってから1ヶ月以内に、当館に返送してください。
資料に添えてお送りする「貸出票」を参考にご返却ください。

貸出冊数

未返却のものを含めて10冊以内です。

申込方法

インターネットによる申込

NDL-OPAC(オンライン目録)から貸出しを申し込むことができます。登録完了時にお知らせする利用者IDとパスワードを入力してからNDL-OPACにログインすると、所蔵詳細画面から貸出申込に進めます。

FAX・郵送による申込

当館所定の用紙に必要事項を記入し、下記までお送りください。

  • 当館所定の用紙はAdobe Readerを使用することにより御覧いただくことができます。Adobe ReaderはAdobe社ホームページからダウンロードできます。

〒619-0287
京都府相楽郡精華町精華台8-1-3 JAPAN
国立国会図書館関西館 文献提供課複写貸出係
fax:+81-774-94-9112

発送方法(郵送)

送付方法

資料は書留の航空便で利用館へ送付します。
東京本館所蔵資料は東京本館から、関西館所蔵資料は関西館から、国際子ども図書館所蔵資料は国際子ども図書館からお送りします。

送料負担

送料(発送)は、当館が負担します。利用館の負担は、返却送料のみです。

資料到着の確認・受領通知について

貸出資料には、「貸出票」と「貸出資料についてのお知らせ」をはさんであります。お申込の資料かどうか、破損や事故がないかなどを必ず確認してください。

発送時の資料の状態については、「資料受領通知書」(「貸出資料についてのお知らせ」の右半分)に記載しています。ここに記載されていない破損などがあった場合、「資料受領通知書」の破損箇所記入欄に、傷みのある箇所を詳しくご記入ください。
当館法規に基づき、貸出しを受けた資料を受領した際には、当館への通知が必要です。資料を受領された日から3日以内にFAXもしくはe-mailで当館に送信してください。(送付先FAX番号・e-mailアドレスは「貸出資料についてのお知らせ」左下に記載してあります。)

  • FAXや郵送でお申込の場合、申込書の内容がそのまま貸出票に記載されているとは限らないので、ご注意ください。

借受資料の利用について

  • 利用館の閲覧室(資料室)内の閲覧に限ります。
  • 利用館での貸出資料の複写はできません。
  • 資料を破損・亡失した場合は、弁償していただきます。

返却方法(郵送)

返却方法

  • 資料は、その資料の所蔵館にお返しください。(重要)
  • 書留の航空便でご返送ください。送付先は、
東京本館資料の場合

〒100-8924
東京都千代田区永田町1-10-1 JAPAN
国立国会図書館 利用者サービス部図書館資料整備課図書資料係

関西館資料の場合

〒619-0287
京都府相楽郡精華町精華台8-1-3 JAPAN
国立国会図書館関西館 文献提供課複写貸出係

国際子ども図書館資料の場合

〒110-0007
東京都台東区上野公園12-49 JAPAN
国際子ども図書館 資料情報課情報サービス係

  • 返送用宛名ラベルを貸出資料に同封しています。
  • 「貸出票」と「貸出資料についてのお知らせ」は利用館で保管し、資料にはさんで返却してください。

送料負担

返却時の送料は、利用館の負担です。

貸出しできない場合

お申込に応じられない場合は、貸出不能理由を添えてe-mailでお知らせします。e-mailアドレスのご登録がない場合には、文書またはFAXにてお知らせします。

このページの先頭へ