Home > コレクション紹介 > 伊藤文庫

伊藤文庫

伊藤圭介肖像

幕末から明治中期にかけて活躍した理学博士伊藤圭介 (1803-1901) が収集し、孫でやはり理学博士であった篤太郎 (1865-1941) が所蔵していた本草学関係書約2,000冊。昭和19年に遺族から購入した。

伊藤圭介は文化3年 (1803) 本草学の盛んな名古屋の医家に生まれた。錦窠などと号した。蘭語および蘭方医術を学んだ圭介はシーボルトに師事した。シーボルトから贈られたのがツュンベリーの『日本植物誌』 (Flora Iaponica,1784) であり、同書をもとに圭介が、同書に収載されている植物の学名 (ラテン語) をABC順に並べ、対応する和名・漢名を記した『泰西本草名疏』を文政12年 (1829) に刊行した。その後安政6年には洋学館総裁心得、文久元年には蕃書調所出役となった。明治10年 (1877) には東京大学員外教授、14年 (1881) に教授となり、同21年には日本初の理学博士号を授与された。同34年 (1901) 99歳で没した。

圭介の集書は薬物学的な本草書はそれほど多くはない。しかし、『植物図説雑纂』や『錦窠禽譜』といった未刊稿本類や一枚物資料を多数含む編綴資料や、森立之と服部雪斎による『華鳥譜』自筆本や栗本丹洲による『翻車考』、岩崎常正や武蔵石寿など有名本草学者の稿本・手沢本なども多数含まれる特徴あるコレクションである。

見出し「蔵書印の世界」 (伊藤圭介)
見出し「近代日本人の肖像」 (伊藤圭介)

Copyright © 2005 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.