ホーム > よくあるご質問 > 複写(コピー)・転載・展示・放映等 > 複写の対象

よくあるご質問:複写の対象

質問一覧

このページの先頭へ

Q
CD-ROMなどパッケージ系電子出版物は、国立国会図書館オンラインで「複写不可」と表示されますが複写することはできないのですか?
A
CD-ROMなどパッケージ系電子出版物は、来館し、端末の画面上から直接、複写を申し込むサービス(電子情報等のプリントアウト)により、申込み当日に複写製品を入手することができます。1つの資料につきA4サイズ20枚まで可能です。後日郵送複写及び遠隔複写サービスはご利用いただけません。
なお、資料によっては、プリントアウトできないものもありますので、ご了承ください。

このページの先頭へ

Q
録音・映像資料の複写はできますか?
A
音源・映像の複製はできませんので、ご了承ください。
なお、録音・映像資料のジャケット、解説、歌詞および楽譜の複写は、原則として、著作権者および著作権管理団体の許諾書が必要です。

このページの先頭へ

Q
インターネット情報をプリントアウトすることはできますか?
A
当館が複写に係る許諾を著作権者等から得たインターネット情報をその許諾の範囲内で行う場合を除き、インターネット情報をプリントアウトすることはできません。ご了承ください。

このページの先頭へ

Q
館内の端末で資料の検索結果や申請履歴のプリントアウトはできますか。
A
有料になりますが、電子ジャーナルと同様にプリントアウトは可能です。電子ジャーナル等のプリントアウトについては、「電子情報等のプリントアウト」をご覧ください。

このページの先頭へ

Q
雑誌の最新号は複写できますか。また、複写可能な範囲について教えてください。
A
発行後相当期間を経過していない最新号については、複写できません。
雑誌・新聞に掲載された個々の論文・記事については、その論文・記事全部を複写できます。同一号に掲載された論文・記事が複数にわたる場合は、その号の半分のページ数を越えない範囲で複写することができます。ただし、1つの論文・記事だけで1号の半分を超える場合には、その全部を複写することができます。
その他の資料の複写可能範囲について詳しくは、「著作権にかかわる注意事項」をご覧ください。

このページの先頭へ