• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 東京本館 > 専門室・閲覧室案内 > 音楽・映像資料室

専門室・閲覧室案内

音楽・映像資料室

項目 内容
特徴と資料のあらまし 音楽・映像資料室では、録音資料、映像資料、楽譜、電子資料(CD-ROM等)などが利用できます。また、音楽分野および録音・映像資料に関する参考図書、レコード会社の販売目録等を開架しています。
資料の詳しい検索方法については、リサーチ・ナビ「音楽・映像資料をさがす」のページをご覧ください。
許可制の資料
一部を除き許可が不要な資料
  • 楽譜
  • 電子資料(CD-ROM、DVD-ROM等)
  • 図書組み合わせ資料(図書に電子資料等が付属するもの)
  • 開架資料(音楽分野および録音・映像資料に関する参考図書、レコード会社の販売目録等)
このような資料は別の資料室にあります
音楽関係の図書
  • 図書カウンター
音楽関係の雑誌
  • 雑誌カウンター
開室時間 月~金 9時30分~19時 土 9時30分~17時
資料請求受付時間 月~金 9時30分~18時 土 9時30分~16時
ご利用にあたって
  • 許可制の資料は、調査研究を目的とする場合に限り利用できます。当室備付けの「閲覧許可申請書」に調査目的、研究テーマなどを記入して、ご提出ください。手稿譜は事前予約が必要です。NDL-OPAC等を検索の上、「資料請求票」に記入し、カウンターへご請求ください。
  • 楽譜、電子資料、図書組み合わせ資料はNDL-OPACからお申し込みください。一部の資料は、利用およびプリントアウトに制限があります。
  • 複写申込みの場合を除き、当室資料を室外に持ち出すことはできません。
  • レコード、CD、CD-ROM等の機器を用いて閲覧する資料は、当室備付けの機器およびヘッドフォンを使用して利用できます。機器の持込みはできません。
  • 機器へのセットは、職員が行います。指定された席でご利用ください。
  • 再生機器の異なる資料の同時利用はできません。長時間にわたる機器の利用は、調整させていただきます。機器利用席の席数が限られるため、混雑の場合はお待ちいただくことがあります。
  • 対応する再生機器がない等の都合により、利用できない資料もあります。
複写・プリントアウトについて
楽譜、脚本、図書組み合わせ資料の図書の複写
即日複写後日郵送複写が可能です。
開架資料、録音・映像資料に付属するジャケット、解説、歌詞等の複写
即日複写のみです。録音・映像資料に付属するジャケット、解説、歌詞等の複写は、原則として、著作権者または著作権管理団体の許諾書が必要です。詳細については、カウンターにご相談ください。
電子資料、図書組み合わせ資料に付属する電子資料のプリントアウト
プリントアウト製品の受取りは、申込み当日のみです。申込上限枚数は、ディスク1枚につきA4サイズ20枚です。
※複写・プリントアウトの受付時間や詳細については「複写サービス」のページをご覧ください。
※音源、映像、電子データの複製はできません。