ホーム > 書誌データの作成および提供 > 書誌データ作成ツール > 適用規則一覧

書誌データ作成ツール

適用規則一覧

書誌データ作成の際に、当館が適用している目録規則・分類表・件名標目表などを、和洋図書、和洋逐次刊行物など資料ごとに一覧にしています。現在の主な適用規則は以下のとおりです。これまでの変遷については「適用規則の変遷」をご覧ください。

和図書:
『日本目録規則 2018年版』(2018)
国立国会図書館分類表
『日本十進分類法 新訂10版』(2014)
国立国会図書館件名標目表
国立国会図書館ジャンル・形式用語表
洋図書:
「Resource Description and Access : RDA」
国立国会図書館分類表
* ただし、国内刊行洋図書は和図書に準ずる
和・洋逐次刊行物(雑誌・新聞など):
『日本目録規則 2018年版』(2018)
国立国会図書館分類表
和非図書資料:
『日本目録規則 2018年版』(2018)
国立国会図書館分類表
『日本十進分類法 新訂10版』(2014)
洋非図書資料:
「Resource Description and Access : RDA」
国立国会図書館分類表
* ただし、国内刊行洋非図書は和非図書に準ずる
アジア言語資料:
『日本目録規則 2018年版』(2018)(中国語、朝鮮語、国内刊行のその他のアジア言語)
「Resource Description and Access : RDA」(外国刊行のその他のアジア言語)
国立国会図書館分類表

適用規則類

適用している規則のうち、当館以外が管理している規則類についての紹介です。

『日本目録規則 2018年版』

「日本目録規則(Nippon Cataloging Rules, 略称NCR)」は、日本の標準目録規則として、日本図書館協会が作成・維持しているものです。
『日本目録規則 2018年版』(当館請求記号:UL633-M1)は、日本図書館協会と当館の連携協力のもとで策定され、2018年に日本図書館協会が発行したものです。『日本目録規則 2018年版』を当館で適用するための細則と関連する基準類については、「日本目録規則適用細則類一覧」をご覧ください。

『日本十進分類法 新訂10版』

「日本十進分類法(Nippon Decimal Classification, 略称NDC)」は、日本図書館協会が作成・維持し、日本の図書館で広く利用されている分類法です。
『日本十進分類法 新訂10版』(当館請求記号:UL653-L5、UL653-L6)は日本図書館協会が2014年に発行したものです。

「Resource Description and Access : RDA」

当館では、「Resource Description and Access : RDA」(米国図書館協会ほか発行)を、洋書の目録規則として採用しています。

このページの先頭へ