近代日本人の肖像

北大路 きたおおじ 魯山人 ろさんじん

生没年
明治16年3月23日 〜 昭和34年12月21日
1883年3月23日 〜 1959年12月21日)
出身地
京都府
職業・身分
芸術家
別称
福田房次郎(本名)

解説

京都上賀茂神社の社家に生まれ、明治37(1904)年東京に移り、日本美術展覧会に千字文の書を出品して一等を受賞。その後篆刻を習い始め、大正4(1915)年から陶芸にも打ち込む。8年には古美術商を開店、10年に会員制の美食倶楽部を発足し、14年から赤坂の星岡茶寮を運営。昭和2(1927)年鎌倉に星岡窯を建設し陶作を行う。

関連資料

電子展示会「あの人の直筆」より

SNSでシェア

北大路 きたおおじ 魯山人 ろさんじん

北大路魯山人の肖像
  • 北大路魯山人の肖像1枚目
  • 北大路魯山人の肖像2枚目
  • 北大路魯山人の肖像3枚目
出典:

北大路魯山人と同じカテゴリーの人物を見る