• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > よくあるご質問 > 書誌データ > 書誌データ・APIの利用

よくあるご質問:書誌データ・APIの利用

質問一覧

書誌データQ&Aもご覧ください。

このページの先頭へ

Q
どのような書誌データが利用できますか?
A
NDL-OPACからは、当館が所蔵する資料の書誌データをご利用いただけます。
また、国立国会図書館サーチからは、当館の蔵書目録の他に公共図書館等の蔵書目録の書誌データもご覧いただけます。

このページの先頭へ

Q
書誌データはどこに掲載されていますか?
A
書誌データは主に国立国会図書館サーチまたはNDL-OPACからご利用いただけます。詳しくは「書誌情報提供サービス」をご覧ください。

このページの先頭へ

Q
書誌データをダウンロードすることはできますか?
A
NDL-OPACからダウンロードすることが可能です。詳しくは「書誌情報提供サービス」の「NDL-OPAC」の項をご覧ください。

このページの先頭へ

Q
書誌データを購入することはできますか?
A
JAPAN/MARC(全国書誌の機械可読版)を有償頒布しています。また、国立国会図書館サーチのAPIやRSS配信、NDL-OPACのダウンロード機能を使って、無償で書誌データを取得していただくことも可能です。
詳しくは「書誌情報提供サービス」をご覧ください。

このページの先頭へ

Q
書誌データを入手して利用したいのですが、申請などは必要ですか?
A
営利目的でのご利用や、大量にデータを取得される場合は、お問い合わせ先にお問い合わせください。
NDL-OPACから書誌データをダウンロードして、自館の図書館システムで利用する場合は、利用目的や件数等の状況により申請が必要です。詳しくは「公共図書館等におけるNDL-OPAC書誌データの利用について」をご覧ください。
国立国会図書館サーチのAPIをご利用いただくにあたっては、「APIのご利用について」(国立国会図書館サーチ)をご覧ください。

このページの先頭へ

Q
外部提供インタフェース(API)を利用するにはどうしたらいいですか?
A
APIは国立国会図書館サーチ(NDLサーチ)にて提供しております。詳しくは「外部提供インタフェース(API)」(NDLサーチ)をご覧ください。

このページの先頭へ

Q
書誌データに関する統計はありますか?
A
統計からみた書誌データ」をご覧ください。

このページの先頭へ

Q
「全国書誌」とはなんですか?
A
国立国会図書館が収集・整理した出版物について、標準的な書誌情報を、広く国の内外に速報するものです。対象資料は、法定納本制度に基づき納本された国内出版物と、納本以外の方法(寄贈、購入等)により収集した国内出版物及び外国刊行日本語出版物です。詳しくは「書誌情報提供サービス」をご覧ください。

このページの先頭へ