• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > サービス概要 > オンラインサービス一覧

オンラインサービス一覧

オンラインサービス一覧

当館ホームページ上で提供しているデータベース・コンテンツ等を一覧できます。

カテゴリ サービス名 概要
情報探索ポータル 国立国会図書館サーチ 全国の公共図書館、公文書館、美術館や学術研究機関等が提供する資料、デジタルコンテンツを統合的に検索できるサービスです。
国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities) 国立国会図書館で作成し維持管理する典拠データを、一元的に検索・提供するサービスです。
立法情報 国会関連情報 国会の諸活動から生れた資料・情報、国会の立法活動・行政監視活動に資する資料・情報を、国会議員および国民に提供し、国会と国民とをつなぐ役割を果たすことを目指すページです。
  国会会議録 第1回国会(1947年5月)からの国会会議録情報(本会議、全ての委員会等)を検索することができます。
帝国議会会議録 帝国議会会議録情報を検索することができます。
第1回~第92回(明治23年11月~昭和22年3月)の帝国議会全会期の速記録を利用できます。
日本法令索引 明治19年2月の公文式から現在までに制定された法令の改廃経過等の情報と、帝国議会及び国会に提出された法案の審議経過等の情報を検索できるデータベースです。
日本法令索引〔明治前期編〕 慶応3年10月の大政奉還から明治19年2月の公文式までに制定された法令の索引情報が検索できるデータベースです。
蔵書検索・申込 NDL-OPAC 当館所蔵の、和図書、洋図書、和雑誌・和新聞、洋雑誌・洋新聞、電子資料、国内博士論文などを検索できます。
また、学術雑誌を中心とした国内刊行雑誌の雑誌記事索引も利用できます。
なお、登録利用者の方は複写の申込などができます。
雑誌記事索引採録誌一覧 当館が作成している雑誌記事索引に、現在記事を採録中もしくは過去に採録したことのある雑誌の一覧です。
当館で利用できる電子ジャーナル等 当館で利用できる電子ジャーナルを、タイトルから探すことができます。
調べ方案内・主題情報 リサーチ・ナビ 調査のポイントや参考資料、専門室の情報、便利なデータベースの紹介、使えるWebサイトの案内など、調べものに役立つ情報を提供しています。
レファレンス協同データベース 公共図書館、大学図書館、学校図書館、専門図書館及び当館におけるレファレンス事例や、調べ方マニュアルなどを検索することができます。
Books on Japan 当館は前身の帝国図書館以来、我が国唯一の国立図書館として、国の内外において刊行された日本に関する欧文資料を収集しており、その書誌情報を速報するものです。
カレントアウェアネス・ポータル 図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。
デジタル資料 国立国会図書館デジタルコレクション 国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。
歴史的音源(れきおん) 「歴史的音源」専用ページです。1900~1950年頃のSP盤等のデジタル化音源を収録しています。邦楽、流行歌・歌謡曲、落語・漫才・浪曲・講談といったジャンル別に音源を探したり、「音源紹介」では特定テーマに沿った解説を読むことができます。
ウェブサイト・アーカイブ(WARP) インターネット上で公開されている数多くの有用な情報資源を、文化遺産として将来の世代のために保存するプロジェクトです。
震災の記録 国立国会図書館東日本大震災アーカイブ 東日本大震災に関する記録等を後世に伝え、今後の復興や防災に役立てるため、大震災の記録等を収集・保存し、提供しています。
電子展示会 電子展示会 当館所蔵のユニークな資料を中心に、わかりやすい解説を加え、電子展示会として紹介しています。
コンテンツの詳細については、電子展示会一覧のページをご覧ください。
子ども向けサービス キッズページ 国立国会図書館や国際子ども図書館についてわかりやすく解説するとともに、子どもたちの調べものをお手伝いするためのサイトです。小学校3年生くらいをおもな対象としています。
子どもOPAC 小学生向けの国際子ども図書館の蔵書検索システムです。子どものへや・世界を知るへや、調べものの部屋の資料と、国際子ども図書館全体の所蔵資料が検索できます。
実験システム公開 NDLラボ 次世代の図書館システムの開発に資する要素技術の実証実験を行います。

このページの先頭へ