ホーム > 資料の保存 > 資料デジタル化について > デジタル化作業に伴う原資料の利用休止について

デジタル化作業に伴う原資料の利用休止について

デジタル化作業のため、下記の予定で一部の資料の利用を休止します。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
(参考:総務部企画課. 蔵書のデジタル化 資料を守り、活用する.『国立国会図書館月報』586号, 2010.1,  pp.31-34(PDF: 3.46MB)

  • お知らせは、館内掲示等でも行います。

利用を休止する資料(令和3年6月24日現在)

資料区分 デジタル化対象 対象冊数 利用休止予定期間
雑誌 (1)東京本館所蔵の和雑誌
(Z2-106、Z6-29、Z18-1164、Z24-67ほか)
33タイトル(約1,300冊)(Excel:14KB) 令和3年3月17日~令和3年9月30日
図書 (2)東京本館所蔵の和図書
昭和44年1月から昭和62年12月までに整理された資料の一部
当該年代に整理された資料のうち、請求記号がA、D、E、F、G、Hのいずれかで始まる資料(HM、HP、HRで始まる資料を除く)
約41万冊 令和3年6月21日~令和5年1月4日
対象資料は順次利用を休止します。
日系移民関係資料 (3)図書資料
(請求記号がVE2、VE3、VE801~VE809で始まる資料の一部)
約1,300冊(Excel:113KB) 令和3年7月7日~令和4年3月31日
(4)雑誌資料
(請求記号がVE2、VE3、VE801で始まる資料の一部及び1959年以前に刊行された資料のうち劣化の著しい資料)
約4,000冊(Excel:32KB)
  • 上記一覧は、対象資料追加、利用休止予定期間延長等の変更が生じた場合、随時更新されます。
  • 現在ご利用いただけない資料は、国立国会図書館オンラインの書誌詳細画面の所蔵一覧上に、「作業中 デジタル化のため」の表示でお知らせしています。事前に検索してご確認ください。

上記についてのお問合わせ

資料の利用休止についての問い合わせ先
  • (1)の資料:利用者サービス部図書館資料整備課 03-3581-2331(代表)
  • (2)の資料:利用者サービス部図書館資料整備課図書整備室 03-3581-2331(代表)
  • (3)(4)の資料:利用者サービス部政治史料課 03-3581-2331(代表)
資料のデジタル化全般についての問い合わせ先
  • 電子情報部電子情報企画課
    03-3506-5118(直通)

このページの先頭へ