ホーム > 資料の保存 > 資料デジタル化について > デジタル化作業に伴う原資料の利用休止について

デジタル化作業に伴う原資料の利用休止について

デジタル化作業のため、下記の予定で一部の資料の利用を休止します。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
(参考:電子情報部電子情報企画課資料デジタル化推進室. 大公開!国立国会図書館での資料のデジタル化事業.『国立国会図書館月報』733号, 2022.5, pp.6-15[PDF:6.91MB]

  • お知らせは、館内掲示等でも行います。

利用を休止する資料(令和4年6月3日現在)

資料区分 デジタル化対象 対象冊数 利用休止予定期間
図書 (1)東京本館所蔵の和図書
昭和44年1月から昭和62年12月までに整理された資料の一部
当該年代に整理された資料のうち、請求記号がA、D、E、F、G、H、Uのいずれかで始まる資料
約2.7万冊 令和3年6月21日~令和5年1月4日
(2)東京本館所蔵の和図書
  • 昭和44年1月から昭和62年12月までに整理された資料の一部
    当該年代に整理された資料のうち、請求記号がK、M、N、P、R、S、YP、YQのいずれかで始まる資料
  • 昭和63年1月から平成7年12月までに整理された資料のうち、請求記号がAで始まる資料
約35万冊 令和4年4月11日~令和5年5月31日
対象資料は順次利用を休止します。
議会官庁資料 (3)議会官庁資料
次の資料の一部:帝国議会衆議院上奏・建議・決議・動議・質問(請求記号 BZ-4-T06)、帝国議会法律案(同 BZ-4-T01)、帝国議会予算案(同 BZ-4-T03)等
約405冊 令和4年3月25日~令和4年9月30日
雑誌 (4)東京本館所蔵の国内刊行雑誌 62件(約2,620冊)
(Excel: 30.2KB)
令和4年3月25日~令和4年9月30日
(5)関西館所蔵の旧植民地刊行雑誌・戦前期国内刊行中国語雑誌 13件(約80冊)
(Excel: 25.1KB)
令和4年3月16日~令和4年10月7日
博士論文 (6)博士論文
昭和63年受入分(請求記号:UT51-63-*)のうち一部
6,000点 令和4年3月16日~令和4年9月30日
日系移民関係資料 (7)雑誌資料(請求記号がVE22、VE801~VE821で始まる資料の一部) 191件(約4,000冊)
(Excel: 30KB)
令和4年5月27日~令和5年3月31日
  • 上記一覧は、対象資料追加、利用休止予定期間延長等の変更が生じた場合、随時更新されます。
  • 現在ご利用いただけない資料は、国立国会図書館オンラインの書誌詳細画面の所蔵一覧上に、「作業中 デジタル化のため」の表示でお知らせしています。事前に検索してご確認ください。

上記についてのお問合わせ

資料の利用休止についての問い合わせ先
  • (1)(2)の資料:利用者サービス部図書館資料整備課図書整備室 03-3581-2331(代表)
  • (3)の資料:調査及び立法考査局議会官庁資料課 03-3581-2331(代表)
  • (4)の資料:利用者サービス部図書館資料整備課(雑誌保管係)03-3581-2331(代表)
  • (5)の資料:関西館アジア情報課(アジア第二係) 0774-98-1200(代表)
  • (6)の資料:関西館文献提供課(閲覧係) 0774-98-1200(代表)
  • (7)の資料:利用者サービス部政治史料課 03-3581-2331(代表)
資料のデジタル化全般についての問い合わせ先
  • 電子情報部電子情報企画課資料デジタル化推進室
    03-3581-2331(代表)
  • 国立国会図書館は、資料の希少性、劣化状況、利用頻度等を考慮し策定した基準に基づき優先順位を定め、資料のデジタル化を行っています。個別の資料のデジタル化のご要望やデジタル化状況に関する問合わせには原則として対応できませんのでご了承ください。
  • (参考)資料デジタル化基本計画2021-2025(令和3年3月10日策定)(PDF:216KB)

このページの先頭へ