• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 図書館員の方へ > よくあるご質問 > 複写(コピー)

よくあるご質問:複写(コピー)

質問一覧

このページの先頭へ

Q
NDL-OPACで複写の申込みをするにはどのような手続きが必要ですか?
A
事前に利用者登録をする必要があります。詳しくは「登録利用者制度のご案内」をご覧ください。登録完了時にお知らせする利用者IDとパスワードでNDL-OPACにログインし、資料を検索したのち、そのまま複写申込み手続きへ進めます。

このページの先頭へ

Q
複写を申し込むときには、どのような情報が必要ですか?
A
国立国会図書館の所蔵資料であることと、資料中の複写希望箇所が明確に分かる情報が必要です。事前にNDL-OPAC等でご確認ください。
図書
  • 書名
  • 具体的な章名、論文名等(目次で複写箇所が分かる情報)、または掲載ページ
雑誌(逐次刊行物)
  • 誌名
  • 巻号または発行年月
  • 論文名、著者名または掲載ページ
新聞
  • 新聞名
  • 版元(東京版、大阪版など)
  • 発行年月日
  • 朝・夕刊の指定
  • 記事名(見出し)または掲載面

このページの先頭へ

Q
複写物の取り寄せにかかる費用と支払方法は?
A
複写料金の他に、発送事務手数料と送料(実費)がかかります。料金表(遠隔複写:国内発送)をご参照ください。支払いは後払いです。複写物に同封する請求書、振込用紙に従ってお支払いください。

このページの先頭へ

Q
複写物が届くのに何日かかりますか?
A
通常、申込みを受け付けてから発送するまでに、開館日で数えて5日程度かかります。これに郵送にかかる期間を加えたものが届くまでの日数となります。
ただし、調査等が必要な場合には、発送までにさらに時間がかかることがあります。

このページの先頭へ

Q
同じ日に複数の複写の申込みをしたのですが、数回に分かれて届きました。なぜですか?
A
主な理由は次の3点です。
  • 複写物は、資料の所蔵館(東京本館、関西館、国際子ども図書館)からそれぞれお送りします。
  • 申込者ごとに封筒に詰めて発送しています。(図書館等経由の申込みの場合)
  • 所蔵調査や内容確認の問い合わせの必要がある申込みについては、作業に日数を要しますので、先に完成したものからお送りすることになります。

このページの先頭へ

Q
複写申込後のキャンセルや修正はできますか?
A
原則としてキャンセルや修正はできません。誤った申込みを送ってしまったなど、やむを得ない事情の場合は、至急、関西館の複写貸出係までお電話ください。
ただし、既に複写作業にとりかかった申込みについては、キャンセルはできません。通常どおり複写物をお送りするとともに、所定の料金をお支払いいただくことになります。
  • 関西館 文献提供課 複写貸出係
    電話:0774-98-1313

このページの先頭へ

Q
NDL-OPACで雑誌などの探している巻号が、「所蔵詳細」画面で表示されません。どのように申込みをしたらいいですか?
A
NDL-OPACの所蔵一覧に表示される巻号以外に「一覧に表示されない資料を所蔵しています」と表示される資料もあります。その場合は、同項目の「複写」リンクから巻号・年月を指定して複写申込みができます。所蔵情報もご確認の上、ご利用下さい。なお、NDL-OPACヘルプ画面の「4.申込方法」もご参照ください。

このページの先頭へ

Q
複写・貸出サービスの申込方法が知りたいです。
A
(1)NDL-OPAC (インターネット経由)、(2)郵送による申込があります。複写物や資料の発送までの日数が短いのは(1)です。
なお、NDL-OPACからお申し込みいただけない資料に限り、FAXでもお申し込みいただけます。

このページの先頭へ

Q
借り受けた資料を複写するには、どのような手続きが必要ですか?
A
事前に申請して承認を受けてください。申請方法等については、「資料の貸出」をご覧ください。承認を受けていないときは、借り受けた資料を借り受け館で複写することはできません。一度資料をご返却の上、1週間程度の期間をおいて、あらためて複写をお申し込みください。

このページの先頭へ

Q
申込みに不備があった場合に、メール連絡をしていただけますか?
A
事前にメールアドレスを登録されている登録利用者の方には、不備等が理由で申込みを謝絶する場合、メールで連絡しています。
メールによる連絡を希望される場合、機関の登録利用者の方は、変更届を提出してください。

このページの先頭へ