はじめに

化粧は何のためにするのでしょうか?慣習や身だしなみとして、美しく装うため、あるいは何かを表現するためでしょうか?化粧の意味や仕方は、その長い歴史の中で、文化、経済、政治などから様々な影響を受けながら変化してきました。今回の本の万華鏡では、江戸時代から昭和に至るまでの化粧文化の道のりを、当時の世相を踏まえつつ紹介します。

  • 拡大画像にはデジタルコレクションあるいは図書館送信のボタンがあり、当該資料の「国立国会図書館デジタルコレクション」へのリンクが掲載されています。図書館送信の場合は、図書館送信の参加館からアクセスすることでデジタル化資料を閲覧することができます。詳しくは次のページをご覧ください。
    図書館向けデジタル化資料送信サービス
  • 【 】内は、国立国会図書館の請求記号です。
  • 資料からの引用が旧字体の場合、常用漢字に直しました。
  • 「本の万華鏡」第29回は2021年5月に公開しました。内容は公開当時の情報に基づきます。

次へ
第1章 江戸時代の化粧



ページの
先頭へ