ホーム > 図書館員の方へ > 障害者サービスを実施する図書館へのサービス > 視覚障害者等用資料の製作 > テキストデータの製作

学術文献のテキストデータの製作

国立国会図書館では、視覚障害その他の理由で通常の活字の印刷物の読書が困難な方のために、学術文献のテキストデータを製作し、視覚障害者等用データ送信サービスを通じて提供しています。

目次

1 製作した資料を利用できる方

視覚障害その他の理由で通常の活字の印刷物の読書が困難な方(プリントディスアビリティのある方)

2 製作対象となる原本

他の機関では製作することが困難な学術文献を製作対象としています。
ただし、以下の資料は対象外です。

  • 小説、詩歌、戯曲の類
  • 一般的な入門書、概説書、教養書の類
  • 教科書、各種試験参考書の類
  • はり、きゅう、音曲その他の実技の指導書の類

また上記以外でも、製作が著しく困難なものや、相当以上の製作時間を要するもの等は、製作をお断りする場合があります。

3 製作するテキストデータの種類とファイル形式について

未校正テキストデータと校正済テキストデータの製作を申し込むことができます。

3.1 未校正テキストデータ

OCR(光学文字認識)をかけただけのもので、OCRの誤認識により誤字やレイアウトの崩れが含まれるテキストデータ。文字校正をしていないため、間違いが多数ある可能性があります。ファイル形式は以下のとおりです。製作期間は概ね1か月以内です。

  • プレーンテキスト
    太字、斜体、アンダーライン、フォントサイズの大小等の「装飾」やレイアウト上の工夫は基本的に省かれ、txt ファイルで表現できる情報のみに簡素化されています。
  • 透明テキスト付PDF
    PDFファイルの一種で、紙資料をスキャンしたデジタル化画像と、テキストデータを1つのファイルとしてまとめたファイル形式です。テキストは透明であるため、目に見えませんが読み上げることが可能です。なお、当館が提供する透明テキスト付PDFのテキストは未校正テキストデータです。

3.2 校正済テキストデータ

未校正テキストデータを人の目によって原本と照らし合わせて修正したテキストデータです。ファイル形式は以下のとおりです。製作期間は8カ月ですが、外部委託で製作するため、ご依頼のタイミングによってはさらに時間を要することがあります。

  • 電子書籍(EPUB形式)
    原本の章構成に基づいてデータが構造化されているため、章や節、任意のページを頭出しが可能です。DAISYの後継規格であり、電子書籍フォーマットであるEPUB形式で作成します。
  • プレーンテキスト
    太字、斜体、アンダーライン、フォントサイズの大小等の「装飾」やレイアウト上の工夫は基本的に省かれ、txt ファイルで表現できる情報のみに簡素化されています。

このページの先頭へ

4 製作依頼方法

4.1 製作依頼ができる機関

視覚障害者等用データ送信サービスの送信承認館が製作依頼を申し込むことができます。

新規に製作を希望される図書館等は、送信承認館に登録の上、ご依頼ください。

個人の利用者の方は、お近くの送信承認館(「各サービスの承認館・参加館一覧」参照)を通じて依頼してください。

4.2 製作依頼の前に

著作権法(昭和45年法律第48号)(外部サイト)第37条3項に基づいて製作するため、同法第37条第3項ただし書きにあたる可能性がある資料の場合、当館で製作しません。

製作状況により、依頼を受けてから提供までに時間を要する場合があります。テキスト化の種類や作り方により提供までの期間が異なりますので、お急ぎの場合はご相談ください。 原本の確認の際は、下記サービスも併せてご活用ください。

<製作依頼に関する補足>
視覚障害その他の理由で通常の活字の印刷物の読書が困難な方(プリントディスアビリティのある方)のために、貸出しを受けた図書館内で「対面朗読」「点字による複製」「著作権法第37条第3項に基づいた複製」を行う場合は、資料を最長2か月まで借りることができます。(通常の貸出期間は1か月です。)

4.3 申込票および送付先

以下のテキストデータ作成申込票に所定の事項を記入し、郵送かFAXでお申し込みください。

送付先

図書館協力課 障害者図書館協力係
FAX:0774-94-9117

このページの先頭へ

5 製作完了したテキストデータの利用方法

視覚障害者等用データは視覚障害者等用データ送信サービスを通じてご利用いただけます。視覚障害者等用データ送信サービスのご利用方法は以下をご参照ください。

このページの先頭へ

6 学術文献のテキストデータ製作仕様

6.1 はじめに

国立国会図書館が、学術文献を原本とした視覚障害者等用テキストデータの製作を行う際の標準的な仕様を、公共図書館や大学図書館における資料製作の参考のために掲載しています。ご利用の際は次の点にご留意ください。

  • 本仕様はあくまでも一例であり、他の図書館等に対して推奨したり、望ましい基準を示したりするものではありません。
  • 内容は随時変更いたします。
  • 本仕様には国立国会図書館独自の要件を反映した箇所があり、他の図書館等においてはそのまま適用できない又は適用するのが適当でない内容を含んでいる可能性があります。
  • 本仕様を使用したことによって発生したいかなる損害や不利益について、国立国会図書館はその責任を負いかねます。

6.2 紙の原本からのテキストデータ化

紙の原本からテキストデータ(図等を説明する代替テキストは除く)を製作するための仕様です。

6.3 EPUB形式(テキストデータをEPUB形式により構造化するための仕様)

テキストデータをEPUB形式により構造化するための仕様です。

なお、No.17 公共図書館における障害者サービスに関する調査研究で公開している調査報告書のEPUB版は、上記仕様に準じた製作方法で製作しています。

6.4 図等を説明する代替テキスト

このページの先頭へ

7 このページに関するお問い合わせ

図書館協力課 障害者図書館協力係
電話:0774-98-1458(月曜日から金曜日 9時から17時45分 国民の休日・祝日及び年末年始を除く)
FAX:0774-94-9117
メールアドレス:syo-tkyアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー