ホーム > 書誌データの作成および提供 > 日本目録規則2018年版(NCR2018)について

日本目録規則2018年版(NCR2018)について

国立国会図書館では、日本図書館協会と協力し、『日本目録規則2018年版』(NCR2018)の適用を促進し、広く国内に普及するための取組みを行っています。

NCR2018適用細則等について(2021年1月適用開始)

国立国会図書館では、2021年1月からNCR2018の適用を開始しました。2021年1月から適用しているNCR2018適用細則および関連する基準は、以下のページをご参照ください。

NCR2018適用の検討段階で、2019年10月から2020年12月までに公開していた適用細則(案)および基準(案)は、以下をご参照ください。

また、2021年1月から適用しているNCR2018適用細則および関連する基準について、それぞれの(案)からの修正箇所は、以下をご参照ください。

NCR2018の概要を国立国会図書館における適用例とともに紹介した動画をYouTubeの国立国会図書館公式チャンネルに掲載しました。こちらもご参照ください。

このページの先頭へ

NCR2018適用に伴う変更点について

JAPAN/MARC MARC21フォーマット変更箇所一覧(2021年1月)

NCR2018適用開始に伴うJAPAN/MARC MARC21フォーマットのフィールド・サブフィールド等の変更箇所を示します。

また、JAPAN/MARC MARC21フォーマットの変更点については、以下もご参照ください。

このページの先頭へ

NCR2018の過去の検討経緯

NCR2018の過去の検討経緯については、以下のページをご覧ください。

このページの先頭へ