財政

国立国会図書館は、立法府に属する国の機関の一つとして、管理運営に要する経費は、全て国費によります。したがって毎年の収入と支出は、国の歳入・歳出予算に計上されます。
平成30年度の当初予算は、施設整備などの工事関係の経費を除いて、約181億9,000万円。そのうち資料に関わる経費は約23億4,000万円です。
内訳は次のとおりです。

図書館資料購入費 7億8,400万円
納入出版物代償金 3億9,000万円
科学技術関係資料費 10億9,800万円
立法資料購入費 6,300万円

歳出予算

当館では、「予算編成等の在り方の改革について」(PDF: 145KB)(平成21年10月23日閣議決定)において、予算編成プロセスの可視化の一環として各省庁の概算要求書等の公開が定められたことに伴い、歳出予算の概算要求書等を公表しております。

※過去4年以前の概算要求書等はインターネット資料収集保存事業(WARP)をご覧ください。

財務書類

財政制度等審議会「省庁別財務書類の作成について」(平成16年6月17日(平成23年10月31日改訂))に基づき、国会所管の財務書類を作成、公表しています。また、財政制度等審議会「政策別コスト情報の把握と開示について」(平成22年7月20日)に基づき、国会所管の政策別コスト情報を作成、公表しています。平成26年度からはフルコスト情報を作成、公表しています。

  • 国会所管政策別コスト情報・省庁別財務書類の概要

東日本大震災復興特別会計財務書類は復興庁ホームページ、他省庁の取り組み等については財務省ホームページをご参照ください。

※過去4年以前の財務書類等はインターネット資料収集保存事業(WARP)をご覧ください。

お問い合わせ先

総務部会計課 03-3581-2331 内線 20601 / 20620

このページの先頭へ