• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > よくあるご質問 > 書誌データ > 書誌データの内容・ルール

よくあるご質問:書誌データの内容・ルール

質問一覧

このページの先頭へ

Q
書誌データの誤りを見つけたのですが、訂正してもらえますか?
A
書誌データに誤りを見つけた場合には、タイトルや書誌IDなど具体的な内容を「お問い合わせフォーム」からお知らせください。
著者名など典拠データに関する誤りを見つけた場合には、「お問い合わせフォーム」からお知らせください。

このページの先頭へ

Q
書誌データの内容について質問したいです。
A
国立国会図書館は納本制度に基づいて資料を収集し、資料到着次第、書誌を作成しています。また日本目録規則などに基づいて標準的なデータを作成しています。「書誌データ作成ツール」をご参照のうえ、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

このページの先頭へ

Q
未完成の書誌データが検索されます。まだ資料が利用できないにもかかわらず、このデータを公開するのはなぜですか?
A
すでに出版・発売されている資料なのに、国立国会図書館の書誌データが見当たらないというお問い合わせを多数いただいておりますので、迅速化の要望に対応すべく、作成中の書誌データを提供しています。

このページの先頭へ

Q
「この書誌は未完成です」と表示されている資料は利用できますか?
A
所蔵場所が「東京」の資料は利用できません。
所蔵場所が「関西」の資料は利用できる場合もあります。利用の可否をNDL-OPACの所蔵詳細でご確認ください。「この書誌は未完成です」と表示されている資料が利用可能になるまでの期間は、資料によって異なります。

このページの先頭へ

Q
書誌データ作成にはどのような規則やマニュアルが使われていますか?
A
適用規則は、和洋図書、和洋逐次刊行物など資料ごとに異なります。詳しくは「適用規則一覧」をご覧ください。
ツールとなる目録規則適用細則、分類表、件名標目表、またJAPAN/MARCマニュアル・フォーマットなどは「書誌データ作成ツール」に掲載しています。

このページの先頭へ

Q
JAPAN/MARCとはなんですか?
A
日本の全国書誌の機械可読版です。詳しくは「書誌情報提供サービス」をご覧ください。

このページの先頭へ